テニスのバックハンドストローク上達法!おすすめは球出し練習

テニスのバックハンドの練習メニューというと、ラリー練習を思い浮かべるかもしれません!しかし、ラリー練習をしているとどうしてもフォアハンドストロークに回り込んで打ってしまい、バックハンドストロークを打つ機会が減ってしまいます!

 

今回は、テニスのバックハンドストロークの上達法として、オススメの球出し練習を紹介します!球出しは球数を打つ練習メニューとしてとても優れているため、技術的な改善点がある場合や練習のはじめと終わりに感覚を整えるためにプロ選手でも行うことがあります。

 

特に、バックハンドストロークは放っておくと打つ球数が減ってしまうショットですので、意識して毎回の練習に取り入れると安定した素晴らしいバックハンドストロークを身に着けることが出来るでしょう♪

テニスのバックハンドストロークの上達に効果があるのは球出し練習

さて、あなたはバックハンドストロークは得意ですが?不得意ですか?多分これを読んでいる時点で、何かしら自分のストロークに不満があるのでしょう!

 

実は、バックハンドストロークは両手でも片手でも利き手が前側にあるため、本当は打ち負けにくいショットなのです。また、両手の場合は関節の自由度が制限されるためラケット面が安定しやすくなるはずなのです。

 

つまり、一般的に武器であることが多いフォアハンドストロークよりもより安定感のある重い球が打てるはずなのです!

 

では、どのような球出し練習メニューをすれば安定感のある生きたボールをバックハンドで打てるようになるのでしょうか?意識するべきチェックポイントを紹介します!

 

正しい反復を球出しで繰り返し行うことが大切!

正しい反復を球出しで繰り返し行うことが大切!

テニスのストロークを球出し練習で上達させる方法!

バックハンドストロークを上達させるための球出し練習メニューは、簡単なボールを手で出すものです。コートのアドバンテージサイドに立ってセンターマークからややコートに入ったところから斜めに球出しをしてもらい、ストレートとクロスを打ち分けます!

 

なぜラケット出しではなく手出しの球出しが上達に効果的なのでしょうか?

 

それは、勢いのないボールを飛ばせる打ち方こそ正しい打ち方だからです!あなたも経験があると思いますが、勢いのあるボールは多少変な打ち方をしても面にさえ当たれば相手のコートに綺麗に返すことが出来ます。だから、練習の際はあえて自分の実力が分かりやすい手出しで球出しを行うべきなのです!

 

ではその練習中に意識すべき注意点をお教えします。それは、「シンプルなテイクバック」、「体幹でボールを打つ」、「軸足を打ちたい方向の後ろにいれる」の3つのことです。

 

1つ目の、シンプルなテイクバックはボールを安定して正しいラケット面で捉えるために重要です!シンプルに軸足の腰のポケットのところにラケットのグリップが来るように素早く脱力して準備しましょう。すると、ラケット面は腰と同じ向きになるはずです。

 

2つ目の、体幹でボールを打つことは、これも安定してボールをとらえることにつながります。なぜなら、手を使ってボールをラケットで迎えに行くとせっかくテイクバックで出来た打点の面を崩してしまうことにつながるからです!逆に大きな体幹の筋肉を使って腰をボールにぶつけるような意識でラケットを動かすと安定した面がボールにぶつかり、腕は脱力したままでも力強いバックハンドが打てるようになります!

 

3つ目の、軸足を打ちたい方向の後ろにいれることは、ボールの打ち分けや球質を良くするために重要です。軸足(横を向いたときに後ろにある足)が打ちたい方向の真後ろに入って毎回ボールを打てるようになると、クロスに打とうとしたボールが真ん中に入ってしまったり、深く打とうとした球が浅く入ったりしなくなります!

 

ボールの後ろ側と言われてもわかりにくいという方は、クロスに打つときもクロス方向にストレートを打つ感覚でボールに近づくようにといつもアドバイスしています!

テニスのバックハンドの球出し練習を使った上達法まとめ

バックハンドが苦手な人は、たいていが練習不足によるものです!大抵の場合テニスを初心者から始めるとフォアハンドストロークから始めます。いきなりスマッシュとかボレーから始めませんよね?

 

ですから、どうしてもバックハンドよりもフォアハンドの方が常に少しずつ上達度合いが上にあるので不得意だと感じてしまいます。

 

だからこそ、球出し練習で効率よく球数を打ってバックハンドを安定したパワーのあるショットにしていくと一気にテニスのレベルが上がるのです!良いバックハンドを持っている選手は強いですよね?ジョコビッチ、マレー、錦織、アガシ等々世界のトップで戦う選手はバックハンドの精度が最高です!

 

さて、もしあなたが自分のバックハンドストロークを改善するのであれば自分の体に染みついた感覚をリセットしないといけません!正しい技術を身につけましょうね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスで大事なのはどのショットをいつ、どこからどこに打つかです。それはサーブのリターンでも同様で、フ…
  2. テニスの試合でスマッシュを打つチャンスが来ても、なかなか決めきれないでまたロブが上がってくることがあ…
  3. テニスではグリップの握り方が厚いか薄いかで、打ち方が変わってきます!自分のフォアハンドストロークのグ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP