テニスのサーブの上達法!トスの高さのメリットとデメリット

テニスの試合で、なんかリターンしにくいなと思ったら極端にサーブのトスの高さが高いか低いかだったことがあります。確かに、トスの高さによって相手のタイミングをずらしてミスをさせることが出来ますが、自分もサーブをフォルトすることが増えるのです。

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、トスの高さのメリットとデメリットについて紹介します!

 

あなたは自分や相手のサーブのトスの高さに注目したことがありますか?意外と個性的な人が多くて面白いですよ♪ではあなたのトスが高いのか、低いのか、またそれのメリットとデメリットについて紹介します。

テニスの上達法!サーブのトスが高い、低い事のメリットとデメリット

まずあなたのサーブのトスが自然なトスより低いのか高いのかは以下の参考記事を読んで確かめてみてください!

関連記事:サーブの理想のトスの高さとは?

 

トスの高さはサーブのリズムから次のショットのリズムまで影響する重要な要素のひとつです。ですので、サーブのトスが高いとどんなメリットとデメリットがあるのか、逆に低いとどうなのかについて考えていきましょう♪

 

サーブはトスが命!正確に上げよう。

サーブはトスが命!正確に上げよう。

サーブのトスの高さが低い場合のメリットとデメリット

サーブのトスの高さが低い場合のメリットは、「相手のリターンのリズムを狂わせられる事」、「風の影響を受けにくいこと」の2つです。

 

まず、相手はあなたのサーブのリズムの速さに、大して速くないサーブでも振り遅れるでしょう!それはリターンのリズムが崩れるからです。

関連記事:リターンはリズムが命!

 

しかし、1のスプリットステップのタイミングさえ合わせてしまえば返るようになるので永続的な武器とは言えないでしょう!

 

次に、風について。サーブのトスは風や太陽の向きに大きく影響されます。トスが低ければ低いほど滞空時間も短いので風によるズレも最小限に抑えることが出来ます。つまり風強い日でも理想の打点でサーブを打ちやすいと言えます。

 

一方でトスが低いことのデメリットとしては、「スイング全体に力みが出る」、「運動連鎖が破たんしやすい」ことが挙げられます。

 

まず、スイングについて。トスが低いと、スイングを脱力した状態で関節の動きに任せて行うと打点が低くなってしまいます。つまりスイングを理想よりも速く小さくしなくてはいけないため、腕の筋肉でボールを打ついわゆる手打ちになりやすいと言えます!

 

そのため、サーブの理想のスイングはできず、腕の力に頼らざるを得なくなります。

 

次に、運動連鎖について。トスが低いと準備の時間が短くなるため、先にも述べたように筋肉に頼り足腰からの運動連鎖が破たんしやすくなります。もちろん腕力がありそれを武器にしているなら別ですが、大きな筋肉が使いにくいのは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

サーブのトスの高さが高い場合のメリットとデメリット

サーブのトスの高さが高い場合メリットは、「準備に時間をかけられる」ことでしょう。

 

ゆったりとした大きなフォームでサーブの打点までの準備に時間がかけられるのが唯一のメリットと言えるでしょう!

 

よくサーブのトスを高くすれば打点が高くなるとか書いてあるサイトや雑誌を観ますが、そんなことは全く持ってありませんからね。今まで打点を越えないくらい低いトスを上げていたのであれば別ですが…。

 

一方でトスの高さが高い場合のデメリットは、「風の影響を受けやすい」、「タイミングが取りずらい」、「スイングが一時止まってしまう」ことです。

 

まず、風について。トスが高ければ高いほど滞空時間がながいので、風に流されやすいのはわかりますよね?また、上空の風向きと地上の風向きが違うこともあるので混乱を招きます。

 

次に、タイミングについて。トスが高いことでボールが自分の打点に落ちてくるタイミングをとるのが難しいのです。また、高く上げれば上げるほど、理想の打点を通過するときのボールの落ちてくる速度は速くなるのでそのピンポイントでボールをとらえることが難しくなります。

 

最後に、スイングについて。トスとサーブのワインドアップはほぼ同時に始まり、手が上がる時に膝が曲がり始めるでしょう。普通であれば自然に力が溜まったら蹴り上げるのですが、ボールが落ちてくるのを待っているとその状態で手のスイングと足のタメをストップしなくてはいけないのです。

 

つまり、運動連鎖が一度崩れてしまうのです!

テニスのサーブ上達法!トスの高い・低いについてのまとめ

このように、サーブのトスが極端に高い、低い場合はデメリットが大きいことがほとんどです。プロでもほとんどの選手が多少の差はあるものの、適切な高さのトスを心がけています。

 

私は、トスが高いよりは低い方がいいと思います。あまりにも高いトスは自分のダブルフォルトの増加を助けてくれるだけですからね。

 

さて、あなたのトスは高いですか、低いですか?自分に合ったトスの高さをサーブ練習で見つけましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの試合で意外と重要なのがリターンゲーム。そのリターンゲームをいかに良くするかは相手の絶対的な武…
  2. テニスで大事なのはどのショットをいつ、どこからどこに打つかです。それはサーブのリターンでも同様で、フ…
  3. テニスのサーブの質は回転方向と回転量とスピードの3つの要素で成り立っています。主に使われる3種類のサ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP