テニスのリターンの上達法!打ち方とコツを動画で学ぶ

テニスの試合ではリターンゲームの出来が試合の勝ち負けにつながります!なぜならサービスゲームをキープしているだけではタイの状態ですし、リターンが良ければサーブにかかる負担が減るからです。今は、リターンが苦手な人も練習すれば必ず返るようになります!

 

今回は、テニスのリターンの上達法として、打ち方とコツをプロの動画から学びましょう!

 

あなたはリターンの練習を必ず毎回していますか?リターンはリズムのコツさえ知ってしまえばだれでも数回の練習で劇的に上達するショットです。あなたもコツを掴みましょう♪

テニスの上達法!リターンの打ち方とコツを動画から学ぼう

今回紹介するのは、守屋宏紀プロのリターンです!身長は低いものの素早いフットワークと速いテンポのラリーで相手を振り回すプレースタイルの持ち主です。ウィンブルドンの本戦にも出ています!

 

彼のリターンの打ち方はとてもコンパクトかつシンプルで、マネをしやすいリズムのとり方をしています。

 

まずは何度も動画を見て自分なりに何がコツなのか考えてみてください♪

 

守屋宏紀選手の動画から学ぶリターンの打ち方とコツ

さて、この動画からあなたは何を学びましたか?思っていたより、テイクバックが小さい、体がぶれていない、リズムよくボールに踏み込んでいる等々、リターンの成功要素が含まれていたと思います!

 

それらを具体的に解説していきます。

 

まず見てほしいのはリターンの構え方です。股関節がしっかりと曲がりレディポジションが綺麗に出来ています。この時に股関節ではなく背中が曲がっているだけだと、素早い反応と動き出しが出来なくなります!これはリターンに限らず全てのショットに言えることです。

 

次に見ていくのは、リズムについて。1.相手がサーブを打った瞬間に前にステップインしながらスプリットステップ、2.足を運び、相手のサーブの高さとラケットの高さを合わせてすぐに打点の面をコンパクトにテイクバック、3.打点と同時に前の足を踏み込む、の3拍子のリズムが出来ています。

 

細かい打ち方のアドバイスとして付け加えるなら、構えた姿勢から上下動しない事も大切です!構えて、ステップインして、正しい位置にラケットをセットしたのに、3で伸び上がるように打ってしまうとラケットのスイングの軌道がサーブの弾道からずれてしまい、ガシャっとフレームにボールが当たってしまいますからね。

 

このリズムと姿勢こそがリターンのコツです。1・2・3とリズムよく数えながら練習すると一気にリターンが上達しますよ♪

 

テニスの上達法!リターンの動画からわかる打ち方とコツまとめ

実際の試合の大事な場面になると、リターンミスが増えます。なぜだかわかりますか?

 

リターンはシンプルにリズムよく踏み込んで打てば返るのにも関わらず、ラケットだけを合わせにいってしまう人が多いからです。この打ち方とコツさえしっかりと反復しておけば試合中も触れるサーブに対してのリターンはほとんど返ります。

 

ですから、試合の重要な局面でも踏み込む勇気を持てるように練習しましょう!練習あるのみですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 15日
  2. 2015年 12月 15日

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブの安定や回転量、スピードに関係する要素としてスタンスの広さがあります。一般的にはスタン…
  2. テニスのサーブの中で一番エースの取れる確率が高いサーブがスピードのあるフラットサーブです!プロであれ…
  3. テニスのダブルスでは、ミスをさせるプレーが出来ることが重要です!試合に勝つ方法として一番理にかなって…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP