子供用目標達成シート(小学生・中学生・高校生の記入例・テンプレート)

目標達成シート

大谷翔平選手が高校生の頃に書いた目標達成シート(マンダラチャート)がメディアに取り上げられ、目標設定や目標達成について子供に学ばせたいご家庭が増えています。

この記事では、子供用目標達成シートのテンプレート、実際の小学生・中学生・高校生の記入例を紹介し、子供のうちに目標達成の技術を身につける方法を解説します。

大谷翔平選手も花巻東高校時代に書いた目標達成シート(マンダラチャート)

冒頭でも述べたように、目標達成の技術に注目が集まったのは、メジャーリーガーの大谷翔平選手が花巻東高校時代に書いた目標達成シートがメディアに取り上げられてからのことです。

大谷翔平選手は、ピッチャー・バッターとして超一流の野球選手(二刀流)で、日本のプロ野球だけでなくメジャーリーグでも素晴らしい成績を残しています。

なぜ彼がこれだけの世界が認める超一流選手になれたのか?

誰もがその理由を知りたいと思うでしょう。

その理由のひとつとして、高校生の頃に作った目標達成シートを挙げることが出来るのです。

高校時代の監督である佐々木洋さんから教えてもらい、高校1年生の彼は「8球団からのドラフト1位指名」という目標を立てました。

彼が実際に作った目標達成シートは「マンダラチャート」と呼ばれ、今ではスポーツや勉強だけでなくビジネスでも用いられています。

目標達成に必要な要素を8つ書き出し、さらにそれぞれの要素を実現するための具体的な手段や行動を書き出すという仕組みになっています。

叶えたい夢を具体的な行動に落とし込むことが出来る優れたツールです。

参照元:https://onl.bz/34Q1hLd

しかし、このマンダラチャートはとても難易度が高く、とても普通の子供には埋められない=目標達成どころか目標設定すら出来ずに挫折してしまうでしょう。

大人がやってもなかなか全てのマスに的確な要素を書き込むことは難しいでしょう。

そこで私たちは子供用の目標設定シートのテンプレートを開発しました。実際に小学生・中学生・高校生に記入してもらい、フィードバックも受けています。

ぜひ、活用してみてください。

小学校から中学校・高校まで使える目標達成シート(エクセル・PDF)

私たちが作成した目標達成シートは、目標設定(Vision)・目標達成までのプラン作成(Plan)・目標管理(Daily)の3つに分かれており、これらを記入することで現在地から目標達成までの道のりと今どこにいるのかを日々知ることができます。

こだわりのポイントは、記入する内容を目標達成のために必要な最低限の項目に抑えることで、簡単かつシンプルにまとめたことです。

では、早速テンプレートをダウンロードし、内容を確認していきましょう。

子供用目標達成シートのテンプレートをダウンロード(エクセル・PDF)

子供用目標達成シートをダウンロードするためには、公式LINEの登録をお願いします。

登録後、すぐに目標設定シートのダウンロードが可能です。

子供用目標達成シートの書き方・作り方・使い方

目標設定シートを作成するうえで注意すべきポイントは以下の通りです。

【Vision】

Q1:あなたの目標はなんですか?
・まずは2~3ヶ月後の目標からはじめる。
・定量評価できる(達成したかどうかがわかりやすい)目標を立てる。

Q2:あなたの目標が叶ったら…
・目標が叶った場面をリアルに思い浮かべる。
・見える/見えないの概念が難しい場合は、他人/自分から考える。

Q3:○年○月○日までに達成したい目標は、
・期日を具体的にする。
・Q2の自分・他人の項目から最も心が動くものをひとつずつ選び、Q1の目標と合わせる。

Q4:目標を達成するために行うルーティン
・「いつ+なにを+どれくらいする」のかをはっきりと決める。

【Plan】

・目標から遡って、ステップ目標を立てる。(現在地から立てない!)
・ステップ目標は定量的もしく第三者が判定できるものにする。
・ステップ目標を達成するために必要な具体的な行動を決める。

【Daily】

・毎日1~2行でまとめる。
・「もし、やり直せるなら…」は、次にどうするかまでを考える。
・ルーティンチェック表に○/×で記録する。(80~100%の達成が目標)

目標達成シートの小学生・中学生・高校生の記入例

では、実際の小学生・中学生・高校生の記入例を紹介します。

他人と比べるものではありませんが、年齢の近い子がどのくらいの解像度で書き込めているのかを知ることができると思います。

記入例はこちらに掲載しています。(現在、ページ準備中です。)

子供でも読める目標達成シートの作り方が学べる本

最後に、子供向けの目標達成について学べる本を紹介したいと思います。

著・原田隆史「最高の教師がマンガで教える目標達成のルール」は、タイトルの通り目標達成についての知見をマンガでわかりやすく解説している本です。

マンガなので子供でも読みやすく、忙しくても挫折せずに読み切ることができるでしょう。

著者の原田隆史さんは、「目標達成といえばこの人!」と言っても過言ではなく、原田式目標達成シートは大谷選手が使っていたことで一躍有名になりました。

この本の他にも、目標達成手帳「目標達成ノート STAR PLANNER (スタープランナー) 日付記入式手帳」など、目標達成に効果的な書籍を出版しています。

どの書籍もおすすめですが、子供ならまずはこの本から入ってみることをおすすめします!

子供のうちから目標達成の技術を身につけさせよう!

私たちは、受験やスポーツや習いごとを通じて、人生に生きる学びを得ることが最も大切だと考えています。

もちろん、受験や大会の結果は重要です。

しかし、子供の将来を助けるのは、目標を目指す過程です。

学歴や金メダルだけでは、食べていくことはできません。

目標を達成するために試行錯誤する日々で養われる様々な能力や経験が、子供たちの未来をつくるのです。

通っている受験塾やクラブチームや教室は、口だけではなく本当に過程を大切にしてくれているでしょうか?

私たちは、現場が毎日授業やレッスンを提供するだけでも大変なのを知っています。

この問題の解決こそ、子供の教育における重要なポイントだと思っています。

関連記事

記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

【無料】今なら友だち登録でオリジナル目標設定用紙プレゼント!



友だち追加

アーカイブ
TOP