テニスのサーブの上達法!初心者はボール投げの練習から!

テニスでサーブが弱点になってしまう人はジュニアからシニアまで多くいます!サーブが入らない、もしくは弱い原因は、身体の使い方がなっていない、基本のボール投げの動作がなっていないことにあります。

 

今回は、テニスのサーブの上達法として初心者から上級者まで試してほしい、ボール投げの練習方法を紹介します!サーブのスピードアップや回転量アップが可能になります。

 

あなたは、ボール投げが得意ですか?自分がベースラインからどこまでボールを投げられるのかを確認しましょう!。正しく運動連鎖が出来ている方は軽く投げても後ろのフェンスまで届くはずですよ?

テニスのサーブを上達させるボール投げの練習方法!

さて、あなたはどこまでボールを投げられますか?昔から、サーブは野球のピッチャーのオーバースローをするように打てと言われてきました。多少は運動に違いはありますが、運動の連鎖の仕方や根本は同じ投げるという運動の基礎動作から成っています。

 

幼児に対する早期の運動能力の開発でも基礎運動として「投げる」という能力は重要視されています!ですので、それを何歳からでも、どのレベルでも身に着ける練習方法を紹介します!

 

サーブは全身の運動連鎖の質がすべてを決める!

サーブは全身の運動連鎖の質がすべてを決める!

テニスのサーブが上達するボール投げの練習のやり方!

さて、いきなりボール投げをしようと言われてもどうやってやるの?と思われるでしょう。ボールをいかに少ない力で効率よく遠くに飛ばせるかが重要になります!

 

気を付けるポイントとしては、「足からエネルギーを伝えること」、「腕を完全に脱力すること」、「斜め上に向かって投げ上げること」です。

 

1つ目の足からのエネルギーを伝えることはサーブに限らず全ての運動にとって重要です!テニスをしていたら、足しか地面についていませんので、そこからいかに大きな運動エネルギーを生み出し、それをどれだけ効率的に連鎖させてラケットに伝えるかが重要です!

 

サーブで言えば、どれだけ太ももや尻で地面を蹴り上げられるかがサーブの質につながります。ボール投げも一緒で、いかに体重を上手く使って足でエネルギーを生めるかが重要になります。

 

2つ目の腕を完全に脱力することは運動連鎖をスムーズに行うために重要です!腕や肩に力が入っていると、ブレーキの役割をしてしまい、腕やラケットのスイングスピードは遅くなります。力を抜いて、関節が動きやすい方向に動くようにすることが運動連鎖を良くする大きなポイントです!

 

3つ目の斜め上に向かって投げることは、ボール投げをテニスのサーブに生かすために重要です。ここが、野球のピッチャーのオーバースローとサーブとの違いになります。サーブは上に振れないと縦に回転がかからず、不安定な打球になってしまいます。ですので、ボール投げをするときは斜め上に投げるイメージを持つ必要があります!

ボール投げによるテニスのサーブの上達法まとめ

最初にも書きましたが、アマチュアでサービスをキープできない選手はたくさんいます。どうしてもサーブが武器にならないと、試合を有利に運ぶことが出来なくなります!

 

サーブの上達法としてボール投げでの練習方法を紹介しましたが、これが正しくできるようになったら今度は動きはそのままでラケットでボールを打ってみましょう!今までのサーブとは全く質の違う球が飛んでいくはずですよ。

 

あなたが力を抜いているつもりでも、実は力んでいることがサーブに限らず多々あります。そんな時には意識して身体をコントロール出来るようになる練習が必要です。もし、あなたが自己流でサーブを続けると肩を痛めたり、怪我にもつながりますので、基礎のボール投げからはじめてくださいね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 09日

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスにおいてスマッシュは、ポイントを終わらせるショットです。そのため、スマッシュが決まらないとネッ…
  2. テニスのダブルスにおいて、前衛が動いてポーチを決めるパターンは王道の必勝パターンと言えます。ダブルス…
  3. テニスのシングルスの最高の戦術は、相手を動かしているのに自分は動いていない状態を作ることです。その攻…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP