テニスのダブルスの試合に勝つ方法!次の返球を予測しよう

テニスのダブルスの試合に勝つ方法を今回は紹介していきます!ダブルスは、ジュニアからシニアまで男女年齢問わず楽しめるゲームです。なぜなら1人1人の守備する範囲、テリトリー、がシングルスよりも狭まるからです。

 

体力に差があったり、体格差があっても勝てるのがダブルスの魅力でしょう。また、経験を積み重ねることで次の球の予測が可能になり、相手に自分の待っているところに打たせることが出来るようになります!

 

さて、あなたはダブルスで思い通りの試合展開に持っていけていますか?相手の返球を限定させるダブルスこそ最高のダブルスの戦術であり、セオリーですよ!

 

試合で勝ちたいあなたは必見です。

ダブルスの試合で勝つ方法!テニスの戦術とセオリーを知ろう

ダブルスでは、各々のテリトリーがシングルスよりも狭いため予測で大胆に動いて、ラリーを短くエースで終わらせることが可能です。予測の裏を突かれてもパートナーがカバーできますからね!

 

ですので、相手がどんな時にどこに返しやすいのか観察しながら、相手のショットが返ってきそうなポジションに早く入ることが重要なのです!

 

もしあなたが、ダブルスのスペシャリストになりたいのであれば必見です。

 

ダブルスはいかに相手の予測を崩すかの試し合い

ダブルスはいかに相手の予測を外すかの試し合い

 

自分のペアがサービスの時の自分の前衛の動き

さて、みなさんはポイントの前に何をペアと打ち合わせますか?サーブのコース、ポーチに出るか出ないかくらいですかね。

 

しかし、ここでもう一つペアで確認してほしいのが、どこにサーブを打つとどんなリターンが返ってくるイメージでサーブを打っているかです!前衛で守るあなたが速く足元に沈むリターンをイメージしているのに、ペアがセンターにチャンスボールがかえって来ると予測していたら息が合いませんよね?

 

大体のテニスプレーヤーには癖があります。特に上手な選手はどこにサーブがきたら、どうやってどこにリターンを返すかパターン化されていたり、体が勝手に反応して同じような場所に返ってきたりします!

 

それをペアと観察して、もし今までクロスの同じところに返ってきているようであれば、ポーチを選択して待っていればいいでしょう。

 

ラリー中に相手のコートに浅い球が入ったとき

そんなシチュエーションであなたがネットのポジションにいたときどのようなポジションを取りますか?

 

大抵の人が、速い球を打ち込まれても反応できるようにポジションを下げてしまうと思います!しかし、ポジションを中途半端に下げると足元に打たれる可能性が高くなり、まともな返球できる確率が下がります。

 

このようなシチュエーションであなたは速く直線的な球を打ち込まれると予測したところまでは正しいです。しかし、ポジションはネットの近くぎりぎりに詰めるようにしましょう。

 

なぜなら、相手はこのような場面では絶対にグッと構えて速い球を打ってきます。つまり直線的な球ですので、ネット近くにいれば全てミドルボレーの高さでボレーをすることが出来ます。ハイボレーの高さにきたらスピードにもよりますが、ウォッチすればアウトでしょう!

 

また、相手は自分が打つ球が速いとボレーされた次の球に反応できなくなります。当たり損ねてでも相手のコートにボールが返ればあなたのポイントになります!

返球を予測してダブルスの試合で勝つ方法まとめ

今までどれだけ相手を観察できていたか、振り返ってみましょう!相手の技術的・精神的な癖、打つ直前の面の向きやグリップの握り方など見るようにすると一歩目の動きやポジショニングが段違いに上手くなります。

 

しかし、この辺りは考えて、実行してみて、結果どうなるかの実験を繰り返し行わないと自分の身にはなりません!ですので、人が言っていた戦術やセオリーを鵜呑みにはせずに、自分だけのパターンを見に着けるようした方がいいです。

 

ダブルスで勝つために、たくさんの人のテニスを観察して、行動してみましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの球出し練習というと基本の地味なメニューと思われがちです。しかし、球出し練習は、プロでもフォア…
  2. テニスのサーブの中で一番スピードの出る主にファーストサーブで使われるのが、フラットサーブです。しかし…
  3. テニスのバックハンドの練習メニューというと、ラリー練習を思い浮かべるかもしれません!しかし、ラリー練…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP