テニスのフォアハンドの上達法!腰を回転させて打つ練習は正しい?

テニスのフォアハンドストロークを打つ際に、腰を回転させて打つとコーチに指導されることが多いようです!しかし、腰を回転させるってどういうことかわからないですよね?

 

実はテニスで腰を捻ったり反ったりするのは、上達どころか、怪我につながる大変危険な行為です!

 

そこで、フォアハンドストロークの上達法として、腰ではなく股関節で体を回転させてエネルギーを生む方法を紹介します。

 

プロテニス選手でも腰が回っているように見えても、腰を捻るような動作でテイクバックをしたり、打球をしたりする選手はいません!ではどんなエネルギーを使って武器のフォアハンドストロークを打っているのか解説していきましょう。

テニスのフォアハンドストロークの上達法!股関節で打つ練習を!

さて、ここでは至上最高のプロテニスプレーヤーと呼ばれているロジャー・フェデラー選手の動画を見ながら解説していきましょう!

 

フェデラー選手はグリップの握り方こそ、独特の薄い握り方で一般人にはマネできないですが、体の使い方や運動連鎖は理想形そのものです。だから無駄な力みもなく、怪我が少ないのです!

 

では、フェデラー選手のフォアハンドストロークを参考にしながら自分に生かせる体の使い方を学びましょう。

フェデラーのフォアハンドから見える股関節の使い方と上達法!

 

さて、この動画を見る時に気を付けてほしいのが股関節の使い方と腰の回転で打つというアドバイスの本当の意味を理解することです!

 

見てもわかるように、別に腰は捻っていませんよね?腰のターンでエネルギーを生んでいるわけではないということです。では、どうやって足で生んだエネルギーを上半身の回転に変えているのか。その答えは股関節にあります!

 

フェデラー選手のフォアハンドのテイクバックの時に注目してください。上半身はそのままで右の股関節が折りたたまれている感じがわかりますか?このように足から受け取ったエネルギーを軸足の付け根にためるのです。

 

そして打点に近づくにつれて、開放していき最後は左の股関節にエネルギーが移っていき、バランスよく着地するようにできているのです!

 

この股関節のターンがフォアハンド上達のコツです!腰を回転させるエネルギーを作り出すのは腰のひねりではなく、股関節のターンなのです。

 

テニスのフォアハンドストロークの上達法まとめ!

「腰を回転させて打ちましょう」、「腰のターンをしっかりして」などという伝わりにくいアドバイスを使うテニスコーチもいかがなものかと思いますが、そのような表現はフォアハンドの指導に限らずあるものです!

 

身体の使い方は言葉だけでは伝わらないことも多く、コーチと生徒の間で完全にわかりあえることは不可能とも言えます。

 

今回のように最高のお手本であるフェデラーの動画を見ながら、もしくはコーチが実演しながら教えることで、細かな体の使い方も伝わると思います!

 

しかし、ビデオを見て頭が理解していても、体が思い通りに動かないなんてこともあると思います!そんな時は体の使い方を学ぶようにしましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでリタ―ン側で構える時、あなたはフォアとバックどちらのグリップの握り方で構えていますか?また構…
  2. テニスのサーブのトスについて考えたことありますか?実際、素振りでスイングは上手くできているのにトスを…
  3. テニスの一般の草トー等の試合で、トスがめちゃくちゃ高い人や極端に低いクイックサーブのような打ち方をす…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP