テニスのバックハンドストロークの上達法!スイングの基本とは?

テニスでバックハンドストロークに苦手意識がある方はとても多いです。しかし、バックハンドはフォアハンドよりも身体を上手く使えれば安定感もパワーも両立することが出来るショットなのです!

 

今回は、テニスのバックハンドストロークの上達法としてスイングの基本である、グリップエンドからスイングを主導していくインサイドアウトについて書いていきます♪

 

あなたのバックハンドストロークはすぐにラケットヘッドが出てきてパーンと当てるだけになっていませんか?このスイングの仕方がわかるようになれば、体重の乗った重い球が打てるようになりますよ!

テニスのバックハンド上達法!スイングはグリップエンド主導で

どうしても両手打ちバックハンドでは左手を使ってしまい、ラケットヘッドが加速しないでこねるようにして打ってしまういわゆる当てるだけの手打ちになってしまうことが多いです。

 

それは、足から伝えられたエネルギーの連鎖を止める大きなブレーキの役割をしてしまい、とても弱弱しいボールを作り出すことにつながります!

 

今回は、その手打ちを治すためのバックハンドストロークのスイングの基本であるインサイドアウトの方法を紹介します!

 

ストロークは全てグリップエンド主導で!

ストロークは全てグリップエンド主導で!

バックハンドストロークはテイクバックの手の形のまま腰の回転で打つ

以前バックハンドストロークの正しいテイクバックについて書いたのでまだ読んでいない方は読んでからの方がよりわかりやすいと思います。

バックハンドの正しいテイクバックとは?

 

バックハンドストロークのテイクバックがシンプルに出来るようになったら、腕を脱力したまま股関節の体重移動で腰を回転させて打つことが出来ればバックハンドは完成します。

 

しかし、大抵の人は、ボールをラケットの面で迎えに行ってしまい、スイングスピードを落としてしまいます!ですので、そんな方は最後の最後まで空振りしてもいいからグリップエンドを相手に向け続けて振っていくイメージを持ってスイングするといいです。

 

そうするとラケットの面が無駄な動きをしなくなるので、少しタイミングがずれただけでサイドアウトやネット、オーバーアウトしていたバックハンドがとても安定して飛ばせるようになるのです!

 

テニスのバックハンドのスイングの基礎と上達法まとめ

バックハンドストロークは苦手意識があるからか、特に左手で面を崩してしまうことが多いショットです!本来は利き手の方が前にあるため抑えがきき安定しやすいショットなのですが、やはり練習量がフォアハンドストロークには劣ってしまうことが多いです!

 

時には、得意ではないと思うショットも練習に時間を割いてみると意外な伸びしろを発見してテニスの面白さを再確認できると思います。

 

さて、あなたのバックハンドストロークの改善点はわかりましたか?もしわからない場合はどんなことで困っているのかお問合せかコメントで質問してくださいね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブの中でもスピンサーブは上級者が打つサーブという認識が強いです。しかし、本当は誰でも打て…
  2. テニスの中で、一番簡単なショットはボレーです。ボレーはラケットの面の向きをコントロールして真ん中にボ…
  3. テニスにおいて、ストロークの基礎練習の積み重ねはとても大切です。安定した回転がかかるストロークがフォ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP