テニスのフォアハンド上達法!ストロークの手首の使い方の練習

テニスでフォアハンドストロークは最初に習い打つ回数も多いため武器になることが多いです。しかし、逆にスイングスピードや回転量を増そうと自己流で練習をするとミスが多くなってしまうこともあります。

 

今回は、テニスのフォアハンドストロークの上達法として手首の使い方の練習方法と意識する点について紹介します!フォアが上手くなるとテニス全体の展開の幅が広がりますよ♪

 

あなたは思い通りにストロークをコントロールできていますか?もし練習中はできても試合で出来ないという方もぜひ読んでみてください!

テニスでフォアハンドストロークが安定しない方のための上達練習法!

フォアハンドストロークが武器だと思っていたら、実は試合では一番たくさんミスをしていたなんてことが多々あります。バックハンドストロークと違い片手の人が多いので関節の自由度が高いのが原因です。しかし、上手く運動連鎖で関節が動かせるようになると、大きなパワーとショットのアレンジが生み出せるようになります!

 

さて、フォアハンドストロークを打つときにあなたの手首はどのように動いていますか?もし意識したことがない方はビデオに撮ったり素振りを鏡で見てみてくださいね!

 

手首は写真の様に全く使わない!

手首は写真の様に全く使わない!

フォアハンドストロークの上達法!手首は動かさないで動かされる練習を!

よくテニススクールでは回転をかけるためにラケットヘッドを下げるように言われると思います。その時に手首の親指側を伸ばして小指側に折ってヘッドを落としている方は間違いです!その様にするとタイミングが少しずれると当たり損ねるだけでなく、ボールも回転量が不安定でカスカスになってしまうことが多いです。

 

では、なぜ手首を動かすとダメなのかという点について考えていきます!

 

テニスはラケットとボールの衝突の関係によってボールの飛び方が変わってきます。むしろそれ以外は球の質に関係しません。いかに足で生み出したエネルギーをラケットまで最大にして連動させるか、ボールとラケット面をしっかりと衝突させられるかにかかっています。

 

つまり、運動の連鎖とボールとラケット面の真ん中の衝突が上手くできるようになれば、回転量も当たり方も安定する本当の武器になるフォアハンドストロークが打てるようになるのです!

 

まず「運動連鎖」について考えてみましょう。もし手首の動きを使ってラケットヘッドを動かして回転をかけようとすると、前腕に力みが出ます!力みは、足からの運動連鎖を食い止めるブレーキになってしまいます。また、できるだけ身体全体の体重をボールに乗せたいのに、手首から先が動いてしまうと手だけの重さがボールに伝わり、回転ばかりのカスカスなボールになってしまうのです!

 

次に、「ボールとラケット面の衝突」について考えてみましょう。もし手首でラケットヘッドを落とし、そこから急激にこすり上げようとしたら、ボールの進行方向に対して直角に入ってしまうのでタイミングがぴったり合わないと真ん中にあたりませんよね?

 

回転をかけたいのであれば、ラケットヘッドを落とすのではなく手全体を打点よりも落としてこするイメージなくボールを打つことが大切です。回転はボールをこするのではなく、打点より少し下から、少し上に向かってラケットが抜ければかかるのです!

テニスのフォアハンドストロークの手首の使い方の上達法まとめ

手首は使うのではなく、勝手に自然に運動連鎖の中で動くものです。プロテニスプレーヤーの連続写真を見ると手首でラケットを落としているように見えますが、運動連鎖の中で自然に動いているだけで、筋肉で動かすものではないのです!

 

このように、テニスのフォアハンドの安定とパワーアップのためには手首は使わずに打つことが重要です。あなたの打つ球が力を入れなくてもスパーンと飛ぶようになるはずですよ♪

 

文字だけで説明するのが難しい部分でもありますので、ご質問などありましたら気軽にどうぞ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • kiyoshi
    • 2017年 6月 29日

    ・「その時に手首の親指側を伸ばして小指側に折ってヘッドを落としている方は間違いです」と書かれていますが、「手首は動かさないで動かされる」ような練習をと書かれていますが、手首が動かされている場合での親指側が伸びて小指側に折れてもは問題ないのでしょうか。それとも親指側が伸びて小指側に折れる動作自体がいけないのでしょうか。
    宜しくお願い致します。

      • tenniscoach
      • 2017年 7月 18日

      コメント遅くなりました。「無理矢理手首を小指側に折ること」、「元々関節が緩く手首が動きすぎてしまうこと」は避けなければいけません。いくら動かさないようにしようとしても、足の踏み込みや体の回転に合わせてある程度は勝手に動くので、それは許容範囲と捉えていいでしょう。基本的にはテイクバックでできた面の向きが手首の動きによって崩れなければ問題ありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブでグリップエンドが隠れるように握るか、逆にグリップエンドが余らせるように握るかという議…
  2. テニスのダブルスの試合に勝つ方法を今回は紹介していきます!ダブルスは、ジュニアからシニアまで男女年齢…
  3. シングルスの試合で勝つために大切なのはサービスキープです。テニスではサーブからの展開で相手に主導権を…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP