テニスのサーブの上達法!トスの練習方法とコツとは?

テニスのサーブが苦手な人は実はトスに問題があることが多いです。ストロークと一緒で正しい打点にボールが来ないと、サーブは上手く打てないでしょう!トスもコツをつかむために練習する必要があります。

 

今回は、テニスのサーブの上達法としてトスの練習方法とコツを紹介します!サーブの練習方法と上達の近道は人それぞれですが、トスの上げ方はそこまで大差ないと思います。

 

あなたはサーブの時思い通りの場所にトスが上がっていますか?また、トスが上手く上がらない人に限って悪いトスのままサーブを打つので、フォームもめちゃくちゃになってしまうのです。正しいトスで、気持ちよくサーブを打てるようになりましょう♪

テニスのサーブ上達法!トスの練習方法とコツ!

プロのテニス選手がトスをあげ直すところ見たことありますか?太陽がまぶしい、観客が動いた以外ではないでしょう!

 

つまり、一回コツさえつかんでしまえば常にトスが一発で上がるようになるのです。そんなトスのコツと練習方法をボールの握り方からアドバイスしていきます。

 

トスがしっかりと定まるとサーブの安定感が一気に高まりますよ♪

 

サーブはトスが命!正確に上げよう。

サーブはトスが命!正確に上げよう。

サーブのトスのコツと練習方法!ボールの握り方から腕の使い方まで

サーブのトスが上手く上がらない人の特徴は、ボールを鷲掴みにしている、トスが高すぎる・低すぎる、トスを上げる手の関節が動きすぎることでしょう。

 

まず、ボールの握り方から。ボールを5本の指で鷲掴みにしている人は最後まで指がボールに引っかかってしまい、トスの左右のぶれが大きくなります。それをなくすためには、ボールを野球握りする必要があります。

 

ボールを中指と人差し指で支えそこに親指の腹と薬指の内側を添える感じで、握るというよりかは乗っけるという感じです!そうすると、自然と指からボールが離れるようになりトスを上げたいところに上げられるようになります!

 

次に、トスの高さについて。トスが低すぎたり高すぎたりすると、打点が窮屈になったり、風の影響を受けやすくなったりしてトスが安定しません!自分の理想のタイミングと打点でサーブをとらえるためにどこにトスが上がるべきかを確かめて、その場所にボールを「上げる」のではなく「置く」感覚でトスを上げると上手くいきます!

 

最後に、手の関節の使い方について。トスを上げる側の手の肘や手首がトスを上げる動作の中で大きくうごいてしまうのはトスの不安定さにつながります。肘はしっかりと伸ばし、手首はボールを離す場所で地面と平行になるように意識しましょう。

 

そうすると、先ほども言ったボールを置く感じがつかめると思います♪

テニスのサーブのトスの上達練習法まとめ

サーブのトスは、ストロークのフットワークと同じくらい安定感やパワー、回転量に関係してきます。自分のエネルギーの伝達が一番しやすいところでサーブを打てるようにしましょう。

 

しかし、フットワークのトレーニングはあってもトスのトレーニングはありませんよね?自分でサーブ練習をやる時に気を付けてコツをつかむしかありません。よくトスだけを練習している人もいますが、利き手側を動かさずにトスを上げる練習してもあまり効果はありません。

 

流れの中でトスを上げる、いや置く感覚を養いましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 09日

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでは、サーブのリターンの上手い下手がリターンゲームだけでなく試合全体の流れを決めます。そんなリ…
  2. テニスのサーブの上達法については、昨今の雑誌や指導書などで需要の高い分野になっています。私の感覚では…
  3. テニスのプロの試合では、あんなに速いサーブにたいして選手はリターンの際にステップインをしています。ス…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP