テニスのバックハンド上達法!ストロークの手首の使い方のコツ

テニスのバックハンドは両手打ち、片手打ち関係なく連続写真や動画などを見ると、手首をかなり使っているように見えますよね?打点でスイングスピードを最大にして回転量や威力を最大にするために使っていると説明されています。

 

今回は、テニスのバックハンド上達法として、ストロークの手首の使い方とコツについて紹介します。

 

あなたは、バックハンドストロークを打つときに手首にはどのような意識がありますか?テイクバックの時に手首でラケットヘッドを下げる、打つときに一気に手首を立ててくるなど、自分なりの感覚があると思います。では、どのような使い方が本当に理に適っているのでしょうか?

テニスの上達法!バックハンドストロークの手首の使い方とコツ

プロの動画や静止画を見ると確かに手首がある程度自由に動いているように見えます!しかし、私たちにはこれが意識的に動かしているのか、運動連鎖の中で自然に動いているのかはわかりませんよね?

 

これが、バックハンドの手首の使い方の落とし穴でもあり、コツでもあったのです。勘の良い方は気づいたかもしれませんが、これからそのことについてじっくり説明します♪

 

バックハンドストロークでの手首の使い方とは?

バックハンドストロークでの手首の使い方とは?

バックハンドストロークでは手首は使わない?打ち方のコツ

さて、あなたは先ほど自分のバックハンドストロークにおいて手首をどのように使っていると考えましたか?

 

その答えとして一番正しいのは「わからない」、「自然に動くのに任せている」だけという答えでしょう。そうバックハンドにおいて正しい手首の動きとは、運動連鎖の中で自然に関節が使われることがだったのです。

 

つまり、手首を小指側に意識的に曲げてラケットヘッドを下げている人や打点の時に意識的に手首を立ててヘッドをワイパーの様に動かしているのは間違いなのです!

 

実際は普通のバックハンドストロークでは手首はラケットの重さに負けない程度にじゃんけんのグーの形で軽くロックするくらいで、全く動かそうとしないのがコツです。勝手に運動連鎖で使われる程度にしましょう。そうすると自然にテイクバックからフォロースルーまで腕全体が走りスパーンとボールが飛んでいくようになります♪

テニスのバックハンドの手首の使い方のコツと上達法まとめ

実は、錦織圭選手もこのバックハンドの手首の使い方を直したとコメントしていました。両手打ちバックハンドの中では世界有数の錦織選手ですら安定性を重視するためにある程度手首をロックする必要があったのです。

 

また、手首を多用することは手首の腱鞘炎やTFCC損傷などの怪我にもつながりますので、どうしても振り遅れたときやコースを直前で変えたいときだけにしましょう!

 

テニスの動画や連続写真を見るときは意識して使っているのか、それとも使われているのかは意識してみるようにしましょうね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのダブルスでは、ミスをさせるプレーが出来ることが重要です!試合に勝つ方法として一番理にかなって…
  2. テニスの試合のポイントの大半が、サーブとリターンで終わることをご存知ですか?つまり、リターンが得意と…
  3. テニスで意外と苦手な人が多いのが、フォアハンドストロークの高い打点のチャンスボールです。チャンスボー…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP