テニスのフォアハンドストロークの上達法!回転をかけるコツ!

テニスでフォアハンドストロークには回転をグリグリにして重い球を打ちたいと思う方も多いと思います。確かに、ボールの深さを回転量で補えたり、バウンドが高くなったりと有利な要素が多くあります。

 

今回は、テニスのフォアハンドの上達法として、回転をかけるコツを紹介します!

 

あなたのフォアハンドは回転をかけすぎてカスカスな軽い球になっていませんか?一概に回転をかけると言っても、全然飛ばないフォアハンドでは意味がありません。ではどうやったらプロの選手の様に重く鋭く落ちる球が打てるのでしょうか?

テニスの上達法!フォアハンドに回転をかけて重い球を打つコツ

では、何がフォアハンドに回転量と威力を両立させる決定的な要素なのでしょうか?それを理解して、回転をかけて重い球を打つコツさえつかめれば誰でも鋭い球を飛ばせるようになります!

 

細かい技術的な部分というよりかは、今まで言われてきた技術論の捉え方として間違いが多いところを重点的に改善していきたいと思います♪

 

ストロークには適度な回転とパワーの両立を!

ストロークには適度な回転とパワーの両立を!

 

フォアハンドに回転をかけるコツは、かけ方の意識の違いにあった!

フォアハンドストロークの回転がかからない、もしくはかかりすぎてカスカスになってしまう人はこのコツさえつかめれば今までとは違うスパーンとボールが飛びながらも最後は落ちるエッグボールが打てるようになります!

 

あなたは、フォアハンドストロークの回転のかけ方は?と聞かれたらなんと答えますか?ボールをこすり上げる、ラケットヘッド下げて打点に向かって振り上げる、ワイパースイングを使って…。このように教えているテニスコーチを見ると驚いてしまいます。

 

なぜそんな適当なことを言えるのか…。あきれてしまいます。さて、小言はこれくらいにして、この「こする」とか、「ラケットヘッドを下げる」とか、「ワイパーなんとか」とかはあくまでも結果です!回転をかけようとスイングした結果起こることであり意識してやることではありません。

 

意識してやることと無意識に起こることは全く違います!

 

回転の正しいかけ方とコツは、「テイクバックが終わったときに手が打点よりも下にある」ことだけです。これは、腕の脱力さえできていれば出来るはずです。手首も何も使う必要はありません。

 

ラケットを持っている手が打点よりも少しでも低い位置に用意できれば打点まで斜め上に動きますよね?そのあとも腕の力が抜けていれば、肩の方まで自然とラケットが走ってくるはずです。つまり、回転をかけるのではなく回転がかかるようなスイングの軌道を作るために手を打点の下にセットすることが回転をかけるコツなのです♪

テニスのフォアハンドに回転をかけるコツと上達法まとめ

テニスにおいてフォアハンドは武器です。なぜかを詳しく説明すると長くなるのでここでは書きませんが、フォアハンドの質が上がるとテニスのレベル自体がワンランク上達します!

 

特に、回転に関してはかからないとバウンド後に伸びのない合わせるだけで返しやすいボールになってしまいますし

、相手をコートの外に追い出すことが難しくなります。

 

あなたも今回紹介したコツをしっかりと身に着け、本当の回転と伸びのあるボールを打てるようになってくださいね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブで一番大事な打点を決めているのはあなたのトスアップです。ストロークではフットワーク良く…
  2. テニスのフォアハンドストロークを打つ際に、腰を回転させて打つとコーチに指導されることが多いようです!…
  3. テニスでは、サーブのリターンの上手い下手がリターンゲームだけでなく試合全体の流れを決めます。そんなリ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP