テニスの両手打ちバックハンドの上達法!腰の回転で打つコツ!

テニスで両手打ちバックハンドを習う際に、腰の回転で打つようにアドバイスされることが多いと思います!しかし、腰を回転させるってイマイチ感覚がわかりませんよね?実は間違えて理解すると腰を怪我する原因にもなります!

 

今回は、テニスの両手打ちバックハンドの上達法として、腰の回転で打つコツと練習方法について紹介します。

 

指導通り上体だけを捻るストロークの打ち方をすると、パワー不足なだけでなく痛みが出ることもあるので止めましょう。ではバックハンドストロークは腰の回転で打つという言葉の真意とはどこにあるのでしょうか?

テニスの上達法!両手打ちバックハンドを腰の回転で打つコツ

両手打ちのバックハンドは、関節の自由度が片手よりも低いため安定感のあるスイングをすることが出来ます。しかし、身体の使い方が上手くないとボールを飛ばすことが出来ません。バックハンドが苦手、もしくは安定しないという人は、基本的な身体の使い方のコツをつかむ必要があります。

 

では、その一歩として腰の回転で打つという言葉を正しく理解して実践してみましょう♪

 

腰の回転で打つってどういう感覚?

腰の回転で打つってどういう感覚?

腰の回転で打つ両手打ちバックハンドの身体の使い方のコツ

さて、「腰の回転で打つ」両手打ちバックハンドの本当の身体の使い方をみなさんに紹介します。

 

両手打ちバックハンドは、テイクバックを軸足側のポケットに引きます。正しいテイクバックに関しては他の記事にまとめましたので参考にしてください

正しいバックハンドストロークのテイクバックの仕方

 

そのテイクバックしたところから、腕はそのままで左の腰が横向きから前向きになりラケット面もそれに付随して打球方向に向いていきます!その後はそれまでの身体の回転の勢いでフォロースルーを自然に行います。

 

このテイクバックから打点までの上体が横向きから前向きになるときの感覚が、「腰を回転させて打つ」なのです。左腰をボールにぶつけるようにするのが私なりのコツです。

 

この運動は、実際腰が回転しているわけではありません。この運動の主役は股関節です!

 

横を向くときに、軸足の股関節を内股にする感覚で折り込みます。その後ラケットをボールにぶつけるために股関節を開いていき、逆の踏み込み足の股関節を閉じていきます。この運動が腰を回転させて打つの真意なのです。

 

この感覚をつかむコツや練習方法としては、手で球出しをしてもらいテイクバックが完了した状態から股関節の運動と体重移動だけでボールを飛ばす練習をするといいです!それが出来るようになると、自分なりの腰を回転させて打つ感覚が身に着きます♪

テニスの両手打ちバックハンドを腰の回転で打つコツと上達法まとめ

このように、アドバイスは感覚的なものであることが多いため、真意が実際に伝わっていないことは多々あります。感覚は言葉でいくら詳細に伝えても、その言葉の意味付けが人それぞれ違うので絶対に自分のものと同じようには伝わりません!

 

目に見えるのは結果だけですので、上手く身体を使ってバックハンドストロークを打てた時の感覚を自分なりの言葉でまとめておくことが大切です!

 

そうすることで、いつでも自分の最高のショットを再現できるようになりますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの試合で、なんかリターンしにくいなと思ったら極端にサーブのトスの高さが高いか低いかだったことが…
  2. テニスのサーブの質は回転方向と回転量とスピードの3つの要素で成り立っています。主に使われる3種類のサ…
  3. テニスの球出し練習というと基本の地味なメニューと思われがちです。しかし、球出し練習は、プロでもフォア…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP