テニスのバックハンドストロークの上達法!回転をかけるコツ

テニスにおいて回転はフォアハンドやバックハンドストロークのみならずサーブ、ボレーどのショットにおいても大切になります。その中でも、トップスピンと呼ばれる縦回転はボールの安定性と威力を増す武器になります。

 

今回は、テニスのバックハンドストロークの上達法として、回転をかけるコツと練習方法について紹介します!

 

回転がかかり過ぎてカスカスな軽い球になってしまう、回転がかからなくて打球が不安定な方はぜひ読んでみて下さい♪

テニスの上達法!バックハンドストロークに回転をかけるコツ!

回転をかけることで、ストロークが安定するだけでなく相手をコートの後ろや外に追い出すことが出来ます。つまり、テニスにおいて回転を制したものが試合を制すると言っても過言ではないのです!

 

しかし、一般のアマチュアプレーヤーを見ているとどうしても回転をかけすぎて重い球が打てていない人が多いです。問題はそれが正しい回転のかけ方だと思っているところなのです。

 

よく手首の曲げ伸ばしを使って回転をかけようとしている人がいますがそれは大きな間違いです!小手先だけでボールをこするだけで伸びのある良い回転のかかったボールを飛ばせるはずがないのです。

 

では、どのようにすればプロのような伸びのある回転のかかったボールを打つことが出来るのでしょうか?

 

スイングしたら勝手に回転がかかるバックハンド⁉

勝手に回転がかかるバックハンドに!?

 

バックハンドストロークで回転をかけるコツと練習方法

さて、あなたは現在どのような感覚でバックハンドストロークに回転をかけていますか?

 

先にいってしまいましたが、手首の曲げ伸ばしでラケットを走らせる意識の方はすぐにフォームを改善した方がいいです。なぜならその打ち方を続けると手首の小指側のTFCCと呼ばれる軟骨繊維が潰され、なかなか治らない怪我をすることがあるからです。

 

バックハンドストロークに回転をかけるコツは、テイクバック終了時に打点よりも手を下にセットすることです。

 

これだけです!!

 

手首をぐにゃぐにゃ使ったり、腰を反ったり、腕の力でラケットを振り上げたりする必要は全く持ってありません。

 

スイングの際に、ラケットが打点より下から入ったら、力まずに自然に振れれば打点の斜め上に向かって振りぬけますよね。そうすればボールに勝手に縦回転がかかると思いませんか?

 

このようにスイング全体でボールに回転をかける意識を持ってバックハンドストロークを打つと伸びのあるボールなのにしっかりとバウンドしてからも高く跳ねる安定したボールが打てるのです!

 

練習を繰り返せば、ズドーンとボールを飛ばしたのに相手のコートのベースラインギリギリにボールが落ちていくようになりますよ♪

テニスのバックハンドストロークの回転をかけるコツと上達法まとめ

このように、バックハンドストロークに回転をかけるというよりかは、勝手にかかるようなスイングをすることが大切になります。

参考記事:バックハンドストロークを安定させるコツ

 

バックハンドストロークはフォアハンドストロークに比べて派手ではありませんが、安定感と回転の使い分けで相手を崩す、展開力があると試合に勝つ確率が高くなります。

 

ぜひ、次回の練習の時に手首を使わずに回転をかけてみてください!あまりにも気持ちよくボールが飛んで驚くと思いますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスで意外と苦手な人が多いのが、フォアハンドストロークの高い打点のチャンスボールです。チャンスボー…
  2. テニスでサーブが得意な選手と当たったときに有効なのが、ブロックリターンです!相手のサーブの勢いだけで…
  3. テニスのサーブの質は回転方向と回転量とスピードの3つの要素で成り立っています。主に使われる3種類のサ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP