テニスのサーブ上達法!コンチネンタルグリップで打つ練習をしよう!

ジュニアのテニスの試合等を見ていると、サーブを正しいコンチネンタルグリップで打てていない選手をよく見かけます!これは、一般のテニス愛好家にも言えることです。コンチネンタルとイースタンの間くらいの厚いグリップで握り、羽子板のように当てるだけのサーブを打っていませんか?

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、コンチネンタルグリップの握り方と練習方法を紹介します!

 

あなたは、サーブのグリップを正しく握れていますか?握り方を間違えるとサーブが武器ではなく大きな弱点になってしまいますよ…。

テニスの上達法!サーブはコンチネンタルグリップで打つ練習を!

プロのテニス選手で唯一グリップの握り方がほとんどどの選手も同じなのがサーブです!ストロークであればグリップの厚い選手も薄い選手もそれぞれのメリットを生かして戦うことができます。しかし、サーブに関しては厚く握るメリットがありません。

 

確かにスピードが出たり、当てるだけでコートに入るかもしれません。しかし、速くてもコートに収まらないサーブや入るけど回転もスピードもないサーブは全く武器にならず、弱点にしかならないのです!

 

少し頑張ってグリップをコンチネンタルにしてサーブを打つ練習をしませんか?あなたのサーブは劇的に変わるはずですよ♪

 

stanislas-wawrinka-89374_640

テニスで唯一自由に打てるショットで不自由になりますか?

サーブの正しいグリップ、コンチネンタルグリップの握り方

さて、正しいコンチネンタルグリップの握り方を紹介していきます!

 

コンチネンタルグリップを紹介するときに良く使われる例えは、包丁を持つようにという表現です。確かに誰もが持ったことがある包丁であればわかりやすいですよね?

 

しかし、包丁を握るように持ってもグリップにかける指の角度によってはラケットの面の角度が一定にならず、正しいコンチネンタルグリップで握れているとは限らないのです。

 

私がグリップをチェックするときに使う方法は、ラケットを持ったまま気を付けをして、腕を脱力し脇を締め、手首をじゃんけんのグー(自然な形)にしてラケットを持つ方法です。その時にラケットが地面に対して垂直からやや上向きくらいの角度に握るのがコンチネンタルグリップです!

 

サーブをコンチネンタルグリップで打つコツと練習方法

もしあなたが今まで厚いグリップでサーブを当てて押し出すように打っていたなら、コンチネンタルグリップに変えた途端にネットの前でワンバウンドしてしまうような全く飛ばないサーブを打ってしまうでしょう!それくらい今までのサーブがテニスの本質からはかけ離れていた証拠です。

 

サーブとは本来適度な回転をかけてコントロールして、スピードを出してもボールがサービスライン内で落ちるようなショットであるべきなのです。プロのフラットサーブも無回転ではなく、縦にスピンがかかっているのです。

 

つまり、回転をかけやすいグリップで握っている必要があるのです!

 

しかし、コンチネンタルグリップに変えていきなり練習をしても先にも書いたような状態になることが多いです。カスカスで全然飛ばない…。ですので、コンチネンタルグリップにサーブを治すための練習方法として、少しずつグリップを元のグリップからずらして打っていく方法がおすすめです!

 

少し元のグリップから薄くして練習して、慣れたらもう少し薄くしてを繰り返して最終的にコンチネンタルグリップまで辿りつくようにすればいいのです。

 

テニスのサーブをコンチネンタルグリップで打つ練習と上達法まとめ

サーブは自分1人だけでも練習できるショットです。また、試合を始める自分から好きに打てる唯一のショットですので、どこにでも回転やスピードを自由自在にコントロールできるようなフォームやグリップで打つことが必須です。

 

そうしないと、サーブのアドバンテージはなくなり、サービスゲームは苦痛でしかなくなります!

 

グリップを変えるのにもう手遅れなんてことはありません!まずは基本のグリップから徐々に練習して変えていきましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの中で、一番簡単なショットはボレーです。ボレーはラケットの面の向きをコントロールして真ん中にボ…
  2. テニスのコートでの練習が終わり、家に帰った後やオフの日の行動が実は他人との上達度に差をつける要因にな…
  3. テニスのサーブは雑誌や動画サイトでも多く取り上げられる、多くのジュニアからシニアまでのテニスプレーヤ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP