テニスのフォアハンドの上達法!グリップが厚い握り方の人の打ち方

テニスではグリップの握り方が厚いか薄いかで、打ち方が変わってきます!自分のフォアハンドストロークのグリップの握り方に合った体の使い方や打ち方をしないと安定したボールは狙ったように飛んでいきません。

 

今回は、テニスのフォアハンド上達法として、ストロークのグリップの握り方が厚い人の打ち方について紹介します!初心者の方は、自分のグリップが厚いのか薄いのか分からないと思いますので、こちらを参照して下さい!

 

あなたは、自分のグリップの握り方に合った打ち方をできていますか?グリップに合った打ち方やスイングが出来るようになると、狙ったところにボールが飛ぶようになりますよ♪

テニスの上達法!フォアハンドストロークのグリップが厚い人の打ち方

トッププロで言うとフォアハンドストロークのグリップが厚いというと、錦織圭がイメージしやすいでしょう。逆に薄いのはフェデラーやガスケと言ったところでしょう!

 

フォアハンドストロークのグリップが厚い人の打ち方の特徴としては、全身の回転の運動連鎖を使ってボールに対してエネルギーを伝える所でしょう。

 

では、具体的に打ち方を紹介していきます。

 

Nishikori-2

フォアハンドストロークのグリップの握り方が厚い人の打ち方

グリップの握りが厚い場合、「回転でボールを打つ」、「グリップエンドからボールにぶつける」、「打点は身体の近く打つ」の3つが打ち方のコツになります!

 

まず、身体の使い方について。腰の回転でボールを打つとよく言いますよね。背骨を中心に股関節のターンを使って身体を回転させてボールにエネルギーを伝えるのです!グリップが薄い場合は、身体を横に向けたまま体重移動でボールを打ちますが、厚い場合は身体を前向きにするのです。

 

次に、スイングについて。グリップの厚い薄いに関係なくこのグリップエンド主導でスイングしていくことが重要になります。テイクバックし終えてから、身体を回転させ始めたときにとにかくグリップエンドから出てくるように意識をすることです。

 

これは、腕が適度に脱力出来ていて、足が良いポジションに入っていることが必須です。手に力が入っているとすぐにラケットヘッドが返ってきてしまい、足が良い位置に入っていないとどうしても手の力を使ってラケットをボールに当てに行かなく手はいけなくなるからです。

 

最後は、打点について。打点は、肘を軽く曲げ、脇を閉じた、身体の前の方でとることが重要です!先にも書いたようにその打点でとれるところに足を運ぶことが、足を良いポジションに入れることになります。打点でボールを取るコツは、ボールの横から近づくのではなく、後ろから近づくように動くことです!

テニスのフォアハンドのグリップが厚い人の打ち方と上達法まとめ

このように、フォアハンドのグリップが厚い人は身体の回転をエネルギーにして、ボールを正しい打点とスイングで捉えることが重要になります!最近の、大抵のプロは紹介した打ち方をしているため、動画をみて良いイメージを持つことが出来るでしょう。

 

また、薄いグリップでフォアハンドを打つ人の打ち方の特徴を知っておくことで、試合で当たったときに弱点を見出すために生かすことが出来ます。

参考:フォアハンドストロークの薄いグリップでの打ち方

 

あなたは、グリップの握り方に合ったスイングが出来ていますか?もしできていないようであれば、グリップか打ち方を変えてみてください♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブで相手をコートの外に追い出すために便利なスライスサーブはサーブの中で一番最初に練習する…
  2. テニスのバックハンドは両手打ち、片手打ち関係なく連続写真や動画などを見ると、手首をかなり使っているよ…
  3. テニスにおいて、スライスは守備的なショットで自分が不利な状態になったときにニュートラルなポジションに…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP