テニスのフォアハンドの上達法!グリップが薄い握り方の人の打ち方

テニスで初心者でも上級者でも大切なストロークの基礎としてグリップの握り方があります。グリップの握り方がおかしいといくら練習をしても上手くならないことがあります。しかし、許容範囲内であれば、グリップの握りが薄い、厚いはプレースタイルに合わせて変えるといいでしょう!

 

今回は、テニスのフォアハンドの上達法として、グリップが薄い握り方の人の打ち方について紹介します!

グリップの握り方で薄い厚いがわからない方はこちらを読んでからどうぞ。

 

あなたはグリップの握り方に合った打ち方をしていますか?もし、気にしたことがない方は打ち方を変えるだけでストロークが急激に上達することもありますよ♪

テニスの上達法!フォアハンドのグリップの握りが薄い場合の打ち方

フォアハンドストロークのグリップの握りが薄い時代もひと昔前にはありました。基本的にコンチネンタルからイースタングリップでかなり薄いグリップでトッププロテニスプレーヤーも握っていました!

 

これは、ラケットがウッドで飛ばない時代やサーブ&ボレーが主流だった時代のことです。最近、厚い握りの選手が増えたのは、高反発なラケットが生まれたり、ストローク主体のベースラインプレーが主流になったりしたためです!

 

このようにプレースタイルや力の強さによってグリップの握り方に違いがあっていいのです。では、イースタン~セミウエスタングリップまでの比較的薄いグリップの場合の打ち方について紹介します!

 

70-156

フォアハンドストロークのグリップが薄い人は体重移動で打つ!

フォアハンドストロークのグリップの握り方が薄い場合は、腰の回転で打つというよりかは、軸足から踏み込み足への体重移動で打つことが良い球を飛ばすコツです!また、厚いグリップと比べれば回転量を減らしてフラット気味のボールを打ちやすいです。

 

つまり、より攻撃的なライジングを使った早いタイミングのテニスやネットプレー主体の選手におすすめです。

 

では、具体的にグリップの握りが薄い場合のフォアハンドストロークの打ち方を考えていきましょう!

 

コツとしては、「シンプルにテイクバックをすること」、「肩支点で打つこと」、「体重移動でフォロースルー長くボールを打つこと」の3つです。

 

まず、テイクバックについて。グリップの握りが薄い場合は、スイングでボールを飛ばすというよりも相手のボールの勢いを上手く使ってボールを飛ばすことが重要になります!つまり、ボールをしっかりとラケットのスイートスポットでとることが必要です。

 

そのためにテイクバックは小さく簡単にしてボールとぴったりと合わせて打てるようにすると良いです。ボールの高さに合わせてすぐにラケットをボールの後ろにセットするようにしましょう!

 

次に、スイングについて。厚いグリップのプロテニスプレーヤーを見ていると、スイングが肩支点から肘支点に変わり、最後また肩支点に戻るのがわかるとおもいます。しかし、薄いグリップの場合は最初の準備からフォロースルーまで肩支点で肘は伸ばすことが重要です!

 

そうやって関節の自由度を奪うことでスイングの安定度が上がり、スイングを再現しやすくなります。先にも書いたようにスイングスピードよりもボールにまっすぐに当てることの方が大切なのでこのようなスイング方法が大切になるのです。

 

最後に、フォロースルーについて。グリップが薄い場合は長くフォロースルーを打ちたい方向に面を出していくことでコントロールを上げることが出来ます。なぜなら、打ち終わった後も打球方向に出す意識を持つことで、打点の時にラケット面が崩れてしまうことを防げるからです。

 

スムーズに振り子のようにテイクバックからフォロースルーまで体重移動を意識すると、グリップの握り方が薄いフォアハンドストロークの打ち方が理にかなった正しいものになります♪

 

テニスのフォアハンドストロークの上達法まとめ

このように、グリップの握り方と打ち方を一致させる必要があります。もしあなたのフォアハンドストロークのグリプの握りがコンチネンタルやイースタンの場合は、以上のような打ち方をすることが大切です。

 

もし、身体を回転させて打つようにしているなら身体を横に向けたまま体重移動でボールを打つようにしてみてください!

 

必ずボールがスパーンと飛んでコートに収まるようになるはずですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 07日

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのネットプレーで一番対処に困るのはバックハイボレーではないですか?フォアハイボレーなら叩いて相…
  2. テニスの試合の中で、シングルス・ダブルス問わず大切なのが、サービスゲームのキープです。サービスキープ…
  3. 現代のテニスではサーブレシーブの上達が、試合に勝つか負けるかの大きなポイントになっています。なぜなら…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP