テニスの上達法!ストロークのグリップが厚いメリット・デメリット

テニスでは、ストロークのグリップの握りが厚い、もしくは薄いことでメリットやデメリットがあります。フォアハンドストロークやバックハンドストロークを初心者で習ったときに厚いグリップで握った時点で、あなたの長所と短所が決まっていたのです!

 

今回は、テニスの上達法として、ストロークのグリップの握り方が厚いメリットとデメリットについて紹介します!

 

もし、あなたがグリップの握り方で弱点を見抜けるようになれば、試合に生かして勝つことも出来るはずです。この記事を読んだら相手を観察してみましょう♪

 

テニスの上達法!ストロークのグリップが厚いメリットとデメリット

プロの世界であっても、ストロークのグリップが厚いことで有利な点と不利な点があります。プロ程の練習量やセンスがあっても抗えないのがストロークの基本であるグリップの握り方なのです!

 

そのため、グリップによる得意不得意を知っておくことは戦術を立てたり、自分の得意不得意を考えたりする上で大変重要な要素になるのです。

 

最近のテニスの主流は厚いグリップで握ることですが、そのメリットとデメリットを知っておくことは大変重要ですよ♪

 

最近の主流は厚いグリップで回転をかけること!

最近の主流は厚いグリップで回転をかけること!

ストロークのグリップの握り方が厚いメリット

ストロークのグリップの握りが厚いメリットとしては、「高い打点の球が打ちやすい」、「トップスピンをかけやすい」、「現代のテニスに合っている」の3つの点が挙げられます。

 

まず、打点について。厚いグリップで握ると打ち方やスイングの軌道上高い打点の球が打ちやすくなります!相手が高い弾道の球を打ってきた際や、回転を効かせて打ってきた際にしっかりと高い打点でも力を入れてボールを返すことが出来ます。

 

2つ目は、回転について。厚いグリップというとトップスピンをグリグリにかけるイメージがあると思います!トップスピンはボールが落ちるような方向にかかる回転のことを言い、コートにボールが収まりやすく、バウンド後に高く跳ねて相手をコートの外に追い出すことが出来るのが特徴です!

 

3つ目は、今のテニスについて。2015年現在のテニスはベースラインから守備型のカウンターパンチャーが世界のトップに長い間君臨しています。これは、ラケットの性能やフィジカルが向上したことによって、ベースラインからでもよりパワーと回転量を両立したショットが打てるようになったことに起因します。

 

ジョコビッチやナダル、錦織、マレーなどがその典型例でしょう!そのプレースタイルに合っているのが比較的厚いグリップの握りなのです。

 

ストロークのグリップの握り方が厚いデメリット

一方で、ストロークのグリップの握り方が厚いデメリットは、「低いボールが苦手」、「クロスコートに飛ばしにくい」、「アレンジが効かない」ことの3つです!

 

まず、打点について。高い打点が得意な一方で、低く滑ってくるようなたまに関しては苦手な場合が多いです。ボールをこすったり、上から叩いたりしやすい半面、ボールの少し下側にラケットを入れてこすり上げるためには足を曲げる等の工夫が必要になります!

 

次は、打球方向について。これはアマチュアテニスの場合はあまり問題にならないことも多いです。しかし、トップレベルのジュニア選手やプロの世界では、クロスにボールが飛ばないなんてことは負けを意味します!なぜなら、クロスでラリーを作って、チャンスを生み出すのがテニスコートの使い方のセオリーだからです。

 

いくらストレートに打っても相手をコートの外には追い出せませんよね?むしろそれをクロスに切り返されて長い距離を走らなくてはいけないのはあなたです!

 

最後は、ショットのアレンジについて。薄いグリップで握ると、スライスやフラット、トップスピンなど回転の変化を自在に操ることができます!しかし、厚いグリップで握ると、スライスで打つ際にはグリップチェンジが必要になります!ドロップショットを打つときも同じですね。

 

テニスのストロークのグリップが厚い場合のメリットとデメリットまとめ

このように、現代テニスの主流となっている比較的厚いセミウエスタンからウエスタンまでのストロークのグリップの握り方には、メリットとデメリットがあります!

 

私は、現代のベースライナーが壁の様になりラリーを支配している内は厚いグリップでしっかりと回転をかけてボールを打てるようになるべきだと思います!その精度を高めてストロークを打ち合えるようになれば、試合でも勝てる確率が高まります!

 

もしあなたが自分のグリップと長所と短所を理解して、相手のグリップの長所と短所も見分けることが出来れば戦術を立てる際に生かせるはずですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスにおいて回転はフォアハンドやバックハンドストロークのみならずサーブ、ボレーどのショットにおいて…
  2. テニスのネットプレーで一番対処に困るのはバックハイボレーではないですか?フォアハイボレーなら叩いて相…
  3. テニスのプロの試合では、あんなに速いサーブにたいして選手はリターンの際にステップインをしています。ス…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP