テニスのサーブの上達法!打ち方のコツとスイングの練習方法

テニスの中でサーブが苦手というジュニアや一般の方を良くレッスンします。大体の方のサーブのスイングがめちゃくちゃで、誰に教わったらそんな打ち方のサーブになるの?と思うことがあります。しかし、本来サーブはコツさえつかめば打ち方を気にする必要がなくなるのです。

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、打ち方のコツとスイングの練習方法を紹介します!

 

あなたのサーブの打ち方は理にかなった正しいものでしょうか?雑誌や動画などで学んだことを自己流で切り貼りしているだけではありませんか?実はその向上心があなたのサーブをおかしくしていたのです…

テニスの上達法!サーブの打ち方のコツとスイングの練習方法

サーブに関する質問はとても多く、雑誌や教材でメイントピックに取り上げられていることが多いです!しかし、実はサーブは各々の骨格や関節に合った打ち方やスイングをしないといつまでたっても上達しないショットなのです。

 

もちろん関節の構造も骨格も基本は同じなので、結局許容範囲内で似たような打ち方になるものです。ですので、自分に合ってるからといって全然違う打ち方をするのはナンセンスです。

 

それを肝に銘じて、これからサーブの打ち方やスイングのコツと練習方法を学んでいきましょう!

 

サーブの打ち方の秘訣は意識をしない事!

サーブの打ち方の秘訣は意識をしない事!

サーブの打ち方のコツとスイングの練習方法!

サーブの打ち方として大切なのは、「コンチネンタルグリップで握ること」、「トスを正確に上げること」、「ボールを斜め上方向に投げるように打つこと」、「脱力し足の蹴り上げで打つこと」の4つです!これらがサーブのスイングや打ち方の本質です。

 

まず、サーブのグリップについて。これは、サーブのグリップに関してまとめましたのでこちらを参照にしてください!コンチネンタルグリップでサーブを打てないと、回転を上手くかけることが出来ませんのでサーブのスピードを上げたときにコートに入らない原因になります。

 

次は、トスについて。これは打ちやすい打点にボールを置くイメージが大切です。

関連記事:サーブのトスの正しい上げ方

 

次は、スイングについて。これは、サーブのスイングは野球のオーバースローと同じ仕組みであるという昔からのアドバイスに少し言葉を足したものです。この斜め上というのがコツです。ほぼ上ととらえてもらって良いです!腕の振りはこの上に遠投をする時と同じになります。どうすればこのように振れるのかは次で書きます。このスイングの練習方法についてはこちらにまとめました。

 

最後は、身体の使い方について。これは先に述べた上にボールを投げるようにスイングすることを生み出すために必要なサーブのコツです。とても簡単です!とにかく肩より先を脱力して足でしっかりと地面を蹴り上げることです。

 

そうすると脱力できていれば自然と肩が上に出てきて、肘、手、ラケットが高速で走り、最高到達点に達すると、勝手にプロネーション(回内)されてフォロースルーの局面に自然と入っていきます!

 

つまり、正しいグリップの握り方をして、トスを正確に上げて、脱力と足の蹴り上げをすればサーブは勝手に良い打ち方が出来るようになるのです。

テニスのサーブの打ち方のコツと上達法まとめ

このように、テニスで唯一自分からいきなり攻撃を開始できるサーブは、とにかくシンプルに自然に身体を使って打てるようにすることがコツです!より良いサーブを打とうと思ったときこそ脱力を心がけましょう。この打ち方が出来ていれば、試合の大事な場面でダブルフォルトをするのはほとんどが力みのせいです!

 

テニスに向上心がある方は、雑誌などで「トロフィーポジションが…」とか「プロネーションが…」とかいう情報を学んで取り組もうとしますが、それは連続している運動を無理矢理話題作りのために切り取っているだけでプロはそこを意識しているわけではありません。

 

人は意識をすると力みます。つまり、自然な流れの中で動きを意識せずにサーブを打つことが理想の打ち方なのです♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. 現代のテニスでは、ベースラインからのストロークの安定感が重視され、一時世界のテニスプレーヤーがサーブ…
  2. テニスのリターンで手こずるのが、大きく曲がるスライスサーブです。特にサウスポーのスライスサーブは右利…
  3. テニスのサーブで一番大事な打点を決めているのはあなたのトスアップです。ストロークではフットワーク良く…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP