テニスのサーブ上達法!フラットサーブの打ち方と練習方法

テニスのサーブの中で一番スピードの出る主にファーストサーブで使われるのが、フラットサーブです。しかし、一般のアマチュアやジュニアテニスではサーブの打ち方が間違っていることが多いため、フラットサーブを正確に打てない人がほとんどです!

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、フラットサーブの打ち方と練習方法について紹介します。

 

スライスサーブやスピンサーブと打ち分けて、シングルスやダブルスの試合でエースを取りたい時やボディをつく時に効果的です。あなたは正しくサーブを打ち分けられていますか?

テニスの上達法!フラットサーブの打ち方のコツと練習方法

テニスでサーブが苦手という一般の方が多くいることに驚きます!なぜなら、サーブだけが唯一自分から一番良い打点で打てるショットだからです。にもかかわらず複雑なフォームでサーブを打ち、ダブルフォルトを犯す人が多くいます!

 

本来サーブは人間の持っている関節の自然な運動の中で行われるべきなのですが、実力のないコーチの適当なアドバイスや、雑誌に書いてあることのマネをして不自然な打ち方を作り上げてしまうのです。

 

その不自然な打ち方では、一番打てない種類のサーブがフラットサーブなのです!これから先を読む前に、自分のグリップの握り方やスイングの方法を関連記事から確認してみてください。

関連記事1:サーブの正しいグリップの握り方

関連記事2:サーブの正しいスイングの方法

 

Hantuchova serve

フラットサーブの打ち方・フォームのコツと練習方法!

さて、正しくコンチネンタルグリップで握れて、スイングのイメージも持てましたでしょうか?サーブの基礎はしっかりと守るようにしましょう。基礎あっての打ち分けやスピード、回転等の応用ですからね!

 

フラットサーブの打ち方のコツは、「上にスイングする」、「腕を脱力してスイングする」という2つです。

 

まず、スイング方向について。フラットサーブと聞くとボールを後ろから前に押すように打ってしまう人が多くいます。確かにストロークでフラットを打つときは打点の真後ろからボールを捉えて押し出すように打ちます。しかし、サーブに関してはフラットサーブであっても軽く縦回転をかけて落ちるようにしなくてはいけません!

 

なぜなら、日本男子の平均身長約170cmからラケットをめいっぱい上に伸ばしても打点からサービスラインまで直線で結ぶとネットに引っかかってしまうからです!フラットで速いボールはほぼ直線で飛ぶので、全てネットに引っかかるか、ラインを大きく越してしまうのです!

 

それを防ぐために上にスイングすることを心がけると縦に回転がかかるのです!決してサーブは前に振ってはいけません。上に振り切ったときに自然に前腕やラケットが高速で返ってくるときにボールを上からたたくイメージで打つのがコツです。そうすると軽く回転のかかったフラットサーブを打つことが出来るようになります。

 

次にスイングの仕方について。さて、先に上にスイングすることの重要性を書きましたが、このスイングを腕の筋力で行ってはいけません!テニスのサーブの際は手首の角度をある程度保ってさえいれば、他の関節は自由に動くようにしておくべきなのです。

 

人の筋肉は、高速な運動の中ではブレーキとしての役割しかしないのです!足の蹴り上げから生んだ上へのエネルギーを連鎖させて、ラケットとボールの衝突を最大にするためには腕を脱力する必要があるのです。そうすることで、上にスイングした際に肩→肘→手→ラケットという順に走っていき、最後に勝手にラケットが返って来るのです。

 

このスイング方向やスイングの仕方を間違えずに行い、ラケットが上に振り切り勝手に返ってくるところでボールをたたくように打てるとフラットサーブが綺麗にスパーンと飛んでいくようになります!

テニスのフラットサーブの打ち方のコツと上達法まとめ

ボールを後ろから叩くという方法でコートに入るほど身長が高い場合は、確かに名前通り回転をかけなくてもフラットサーブを打ち込むことが出来るでしょう!しかし、ほとんどのテニスプレーヤーは軽く縦の回転をかけてサーブの確率を高めています。

 

サーブのスイングで生んだエネルギーはボールのスピードと回転量に大体が振り分けられます!その回転量とボールのスピードのバランスを自分で調節しながら、一番自分の身体に合ったフラットサーブを身に着けるようにしましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 09日

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのフォアハンドストロークを打つ際に、腰を回転させて打つとコーチに指導されることが多いようです!…
  2. テニスでスライスサーブは相手をコートの外に追い出したいときや曲がるサーブで相手の意表を突くときに使う…
  3. テニスのコートでの練習が終わり、家に帰った後やオフの日の行動が実は他人との上達度に差をつける要因にな…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP