テニスのサーブの上達法!スロー動画で打ち方のコツを知ろう

テニスのサーブは雑誌や動画サイトでも多く取り上げられる、多くのジュニアからシニアまでのテニスプレーヤーの悩みの種です。サーブが入らない、回転量や安定感を高めたい、スピードアップしたいという方が多いのでしょう!

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、youtube等に上がっているプロのサーブのスロー動画を使って打ち方やスイングのコツを紹介します。

 

あなたは自分のサーブに満足していますか?もし少しでも不安があるなら練習あるのみですよ♪

テニスの上達法!プロのサーブのスロー動画で打ち方のコツを学ぶ

これから紹介するのは、元世界ランク1位でプロテニス至上最高のプレーヤーとも呼び声高いロジャーフェデラーのサーブのスローモーション動画です!この選手のサーブのフォームは完璧で、良いサーブを打つコツがたくさん隠されています。

 

フェデラーのサーブはスピードこそビッグサーバーには劣るものの多彩なコースと変化の打ち分けで相手選手からエースを奪えるのが特徴です。つまり、確率良くサービスポイントの取れるサーブなのです。

 

もちろん打ち方をマネしたからと言って、バンバンエースが取れるわけではありませんが、自分の打ち方を理にかなったものにしたいなら絶対におすすめです♪

 

 

フェデラーのスローサーブ動画から学ぶサーブの打ち方のコツ

この動画からわかること、それはいかに今までアマチュア選手のサーブの本質的な理解が間違っていたかです。雑誌や上達法DVDで解説されているような、「トロフィーポーズが…」、「プロネーションが…」、「タメを作って…」なんてものはプロは作っていないのです。

 

確かに、一部分を静止画として見てみるとこれらの局面が結果として起こっていますが、フェデラーはサーブの中でトロフィーポーズを意識してやっているのではなく、勝手に流れに身を任せたら無意識にその形になっているだけなのです!

 

なぜそう言えるのかというと、この動画を見てわかるようにスローで見ても止まっている時間がないからです!つまり常に流れるように動いているのです。それは、スイング中に何かを意識して動かそうとしていない証拠です。

 

意識すると筋肉が働きますからね!サーブの運動は、足からの運動連鎖でほとんど行われるので、筋肉はその連鎖を止めるブレーキとしてしか働きません。

 

つまり、今まで意識していたサーブの打ち方、テイクバックでのトロフィーポーズやタメ、プロネーション等の動きは意識して動かそうとすればするほどどんどんサーブの質を落としていたのです。もしこれらの動作を意識してサーブが上達したと思ったならそれは、そんな気になっただけです。

 

本来サーブのスイングは筋肉はほとんど意識的には使わず、脱力したまま足からの運動の連鎖を使って関節の自然な動きの中で行われるべきなのです!筋肉はその関節の運動の安定感を高めるための補助でしかないのです。

 

フェデラーのサーブをもう一度見てみてください。足の蹴り上げが行われた後に体幹部→肩→肘→手首→手→ラケットの順に上に伸びていっているのがわかると思います。これは意識して行うことはできません。必ず不自然な動きになります。

 

イメージだけは持っておいて、とにかく脱力して動きは身体に任せるようにしましょうね♪

テニスのフェデラーのサーブのスロー動画を使った上達法まとめ

さて、あなたの頭の中にフェデラーのサーブは鮮明にインプットされたでしょうか?イメージを持つだけで結構です。細かい肘がどうとか、手首の使い方がこうとかいうのを気にしたらまた元に戻ってしまいますよ!

 

脱力したらサーブが安定しないと思っている方は、それは脱力しきれていない証拠です。一度ラケットを置いてボールを斜め上に脱力して遠投する感覚を養ってください!

関連記事:サーブのスイングの練習方法はボール投げ

 

本当の学習は、見てマネすることです。これを大脳を通さずに、単純に出来るようになるとテニスの上達が見込めますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブで一番難易度が高いとされているスピンサーブやキックサーブ。しかし、本当はそんなに特別な…
  2. テニスのサーブの質は回転方向と回転量とスピードの3つの要素で成り立っています。主に使われる3種類のサ…
  3. テニスでバックハンドストロークに苦手意識がある方はとても多いです。しかし、バックハンドはフォアハンド…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP