テニスのサーブ上達法!スピンサーブの打ち方のコツと練習法

 

テニスでサーブの中でも難易度が高いと特別扱いされることの多いスピンサーブ。しかし、実は他の種類のサーブと基本のグリップやスイングの構造は変わらず、回転方向や回転量やスピードが違うだけなのです。本当はセカンドに有効な一番安定するサーブなのです!

 

今回はテニスのサーブ上達法として、そんなスピンサーブの打ち方のコツと練習法について紹介します!

 

もしあなたがスピンサーブは難しいと思い込んでいるなら、それがあなたがスピンサーブを打てない理由なのです。意識を変えればスピンサーブも簡単にコツを掴めるようになりますよ♪

関連記事:サーブを3種類打ち分けるの方法とは…

テニスの上達法!スピンサーブの打ち方のコツと練習法

先ほども言った通り、スピンサーブがスライスサーブやフラットサーブと全く別の打ち方をするサーブなわけではありません!

 

スライスサーブが横回転なら、スピンサーブは縦回転なだけで、フォームを変えなくてもただスイングの方向を変えればいいだけなのです。しかし、その前提となるのは正しくコンチネンタルグリップで握っていることとサーブのスイングに関して正しい理解をしていることです。

関連記事1:サーブの正しいグリップの握り方

関連記事2:サーブの正しいスイングの仕方

 

この2つを理解できたらなら、あなたはスピンサーブの習得に一歩前進したと言えますよ♪

 

Serve

スピンサーブの打ち方のコツと練習方法

具体的にスピンサーブの打ち方のコツを紹介しましょう!もしあなたが、スピンサーブを打ちたいと思い練習しているなら多分トップスライスくらいのサーブは打てるようになっているでしょう。スライスサーブと同じ方向に曲がる高めの弾道のサーブです。

 

どうしても真っすぐや右側に跳ねない、と頭を抱えているのではないでしょうか?もしセカンドサーブがトップスライスのサーブしか打てないと相手にフォアハンドで回り込まれリターンエースをバンバン取られてしまうでしょう。

 

しかし、トップスライスまで打てていればスピンサーブにするのは簡単です♪なぜならトップスライスはスピンサーブ寄りのスライスサーブだからです。関連記事のサーブの打ち分け方を読んでくれればわかりますが、サーブの種類は回転の方向×回転量×スピードで決まります。

 

つまり、足で蹴り上げることで得たエネルギーをどう割り振るかでサーブが変わるのです!トップスライスは回転の方向が斜め横です。これが縦になればスピンサーブになります。

 

今よりももっと上方向にラケットが振られるように蹴り上げたエネルギーを使えば縦回転がかかり、さらに自然にプロネーションが起こることで回転量が増えるようになるのです!

 

もしこれでもスライス回転がかかってしまう方は腕に力みがある証拠です!プロネーションが起こらずにボールをなでるように打ってしまっているはずです。

テニスのスピンサーブの打ち方のコツと上達法まとめ

このように、他のサーブが自然に打てていれば必ずスピンサーブが打てるようになります。少しラケットのスイング方向が違うか、腕に力みがあり上手くプロネーションが出来ていないかのどちらかです!

 

意識してスピンサーブを打てるように練習するのは良いことですが、意識しすぎることは不自然なフォームを生みます。良いサーブはリラックスした時に打てるものです!

 

もしあなたが本当に上達したいなら…。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. シングルスの試合で勝つために大切なのはサービスキープです。テニスではサーブからの展開で相手に主導権を…
  2. テニスのサーブの中で一番エースの取れる確率が高いサーブがスピードのあるフラットサーブです!プロであれ…
  3. テニスでサーブの中でも難易度が高いと特別扱いされることの多いスピンサーブ。しかし…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP