テニスのサーブ上達法!スピンサーブの練習方法を紹介

テニスのサーブで一番難易度が高いとされているスピンサーブやキックサーブ。しかし、本当はそんなに特別なサーブではなく、サーブを大きく3種類に分けた内のスライス、フラット、スピンの中の1つでしかないのです!特別な打ち方は必要ないのです!

 

そこで、今回はテニスの上達法として、あえてスピンサーブの練習方法について書いていきます。

 

もしあなたが、スピンサーブを打てるようになるために特別な練習をしているならばそれは必要ありません。正しいグリップで正しいスイングのサーブが打てていればスイングの方向の意識さえ変えてしまえばすぐに打てるようになりますよ!

関連記事1:正しいコンチネンタルグリップの握り方

関連記事2:正しいサーブのスイングの仕方

関連記事3:3種類のサーブの打ち分け方とは…

テニスの上達法!スピンサーブのコツと練習方法を紹介

さて、あなたのサーブのグリップとスイングの仕方の意識は許容範囲内だったでしょうか?腕や肩でサーブを打とうと考えていた方は少し戸惑うかもしれませんが、この3つのサーブの基本さえわかってしまえば、後は練習してスピンをかける感覚を養うのみです!

 

実際、スライスサーブとスピンサーブは同じような自由な腕の動きの中でどの局面でボールをとらえてどっち方向にラケットが抜けていくかの差でしかありませんし、スピンサーブとフラットサーブなんかは回転量の差でしかありません!

 

では、どのような練習方法でスピンサーブが身に着くのかを具体的に見ていきましょう♪

 

Novak Djokovic Serving

スピンサーブ・キックサーブのコツと練習方法!

スピンサーブもキックサーブも同じものと思っていただいて結構です。両方とも縦回転が強くかかり他のサーブよりもネットの高いところを通ってもサービスライン内に収まり高く跳ねあがる、安全かつ相手に攻められないサーブです。

 

まず、先程紹介した関連記事の中にも書いてあるように、スピンサーブで重要とされているプロネーション、いわゆる前腕の回内運動は脱力した腕が上に振りだされ「勝手に返ってくる」ときに起こる現象だと理解してください。自分の腕でラケットを親指側に捻じろうと思ってはいけません!

 

この勝手に返るというのは、関節の動きとして本来あるように動くという意味です。サッカーのスローイングの動きを上に向かってしようとすると勝手に最後に腕が親指側に捻じれますよね!

 

つまり、普段のサーブ練習をとにかく脱力して足の蹴り上げの運動連鎖でラケットが上に振られるように鳴れば勝手にスピンサーブが打てるようになるのです。

 

具体的な練習方法としては、このサーブ練を続けて行うことです。自然とプロネーションが起こる感覚がつかめてボールが高い軌道を描いて相手のコートに収まって跳ねるようになったら、今度はその回転量とスピードの割合をコントロールする感覚を養いましょう!

 

大体一般の方のスピンサーブ(もどき)は回転がかかりすぎてただのチャンスボールみたいになっていますからね。

テニスのスピンサーブの練習方法と上達法まとめ

サーブは全ての球種がつながっています。つまり厳密にいえば3種類などではなく、無限にあるのです。回転方向と回転量とスピードでサーブは種類が決まりますので全く同じサーブではなく全て違うサーブなのです!

 

つまり、スライスサーブやフラットサーブが本当に力みのない自然なフォームで打てているならば、スピンサーブが打てないなんてことはありません!逆もまた真で、スピンサーブが打てないなら、スライスサーブやフラットサーブも本当は打てていないのです。

 

さて、この考え方が出来るようになるとサーブが一気に上達します!すべてのサーブは変化は違っても要素は同じですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • 近藤絵里
    • 2016年 8月 20日

    とても役に立ちました!
    私はサーブが苦手で、試合ではネットばかりなので、どうすれば超えるのかが分かりました。
    実際に、この方法でサーブを打ってみましたが、とても上手く打てました。
    ありがとうございました!

    (承認して下さい…)

    • 若瀬美乃梨
    • 2016年 8月 20日

    とても良かった✨
    上手にサーブを打てるようになりました!
    ありがとうございました❗️

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのバックハンドの練習メニューというと、ラリー練習を思い浮かべるかもしれません!しかし、ラリー練…
  2. 「現代のテニスにおいて片手バックハンドは時代遅れだ」、「非力な日本人が片手バックハンドストロークの打…
  3. テニスでレシーブが上手い選手と言えば、錦織やマレーやジョコビッチが挙げられるでしょう。この3選手は決…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP