テニスのサーブ上達法!スライスサーブでの回内の使い方

テニスでスライスサーブは1球目から相手をコートの外に追い出せるとても便利なサーブです。しかし、そのためには大きく曲がるキレのあるスライスサーブを打つ必要があります。その回転量やスピードを生むのが、良く耳にするプロネーションや回内という言葉です。

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、スライスサーブでの回内の使い方のコツについて紹介します!

 

あなたは、スライスサーブを打つ際に手首を巻くように打っていませんか?もしそうであればもっと良いスライスサーブを手に入れることが出来るチャンスですよ♪

テニスの上達法!スライスサーブのキレを増す回内の使い方

スライスサーブにどうしてもキレが出ない、バウンドしてから全然曲がらず相手のフォアハンドで叩かれてしまう等の悩みがある方はこの腕の回内運動が上手く使われていない可能性が高いです!

 

この腕の回内運動とは、雑誌や指導DVD等ではプロネーションと呼ばれています。しかし、このプロネーションという動きが注目され過ぎてしまい、本来あるべき腕の回内の動きとは違う認識になってきているように感じます。

 

回内は腕でするのではなく、勝手にラケットが振られることで起こる結果なのです!その辺りを詳しくみていきます。

関連記事:テニスの正しいスイングの基本

 

キレのあるスライスサーブは回内から!

キレのあるスライスサーブは回内から!

スライスサーブは自然に起こる回内で回転をかける

さて、スライスサーブというとボールの側面を削るように打つという指導の仕方がなされることが多いです。しかし、この削るという感覚でスイングをすると俗にいう、巻くという状態が起こります。

 

そうするとボールは伸びがなく空中でゆっくり曲がってバウンド後はあまりキレがないチャンスボールのようなサーブになってしまうのです。この打ち方の時腕には力が入り自然な回内は少しも起こりません!

 

そもそも、ボールとラケットが接触する時間は100分の数秒ですから削るなんてことはできないのです。ボールに回転量やスピードを出すためにはその一瞬にラケットの加速度が最高に高まるようなスイングをする必要があるのです。

 

このラケットが最大に加速する瞬間こそが自然に起こる腕の回内なのです!

 

ラケットを持って脱力して振り上げてもらえばわかりますが、あるところまでラケットが上方向に進むとそこで急にクルッとラケットヘッドが返ってくると思います。これが自然に起きない場合あなたは腕のどこかに力が入って運動の連鎖にブレーキをかけていることになります。

 

つまり、スライスサーブなら斜め横方向のスイングで、クルッとラケットが自然に返るところでボールの右後ろ側に当てることが出来れば、キレのあるスライスサーブを打つことが出来るのです!

 

テニスのスライスサーブの回内の使い方まとめ

スライスサーブはキレが命です。手首で巻くようにして打ったスライスサーブはバウンド後失速し相手のフォアで叩かれるのが目に見えています!

 

しかし、ジュニアのプレーヤーは回内が自然とできていなかったり、シニアのプレーヤーは知識はあるため腕だけで頑張ってプロネーションをしようとしたり…。回内が自然に出来ないと力んだままサーブを打ち続けるので、腕を痛める可能性もあります!

 

あなたは、脱力してテニスをできていますか?良いショットを打とうと思ったときこそ力を抜きましょうね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのリターンで手こずるのが、大きく曲がるスライスサーブです。特にサウスポーのスライスサーブは右利…
  2. シングルスの試合で勝つために大切なのはサービスキープです。テニスではサーブからの展開で相手に主導権を…
  3. テニスでバックハンドストロークに苦手意識がある方はとても多いです。しかし、バックハンドはフォアハンド…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP