テニスのサーブ上達法!スライスサーブのキレを良くするコツ

テニスのサーブの中でキレは重要な要素です!同じスピードのサーブでも、回転量や方向によっては返しやすいサーブになってしまうのです。スライスサーブも跳ねた後にもっと角度が付いて相手を追い出せるキレの良さが大切です。

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、スライスサーブのキレを良くするコツについて紹介します!

 

練習方法が特別にあるわけではありませんが、今までのサービス練習の意識次第であなたのスライスサーブが伸びとキレのあるボールになり相手のリターンミスを誘うことが出来ますよ♪

テニスの上達法!スライスサーブのキレを良くするコツと練習の意識

スライスサーブは相手をコートの外に追い出すことが一番の目的です!しかし、キレのないスライスサーブはバウンド後に止まってしまい相手のフォアハンドリターンで叩かれてしまうことが多いのです。

 

プロはファーストサーブでフラットサーブに混ぜて緩急と角度をつけるためにキレのあるスライスサーブを打ちます!

 

そんなプロの打つようなスライスサーブはアマチュアの打つカスカスの回転ばかりのスライスサーブとは何が違うのでしょうか?具体的にキレを良くするコツを書いていきます。

 

Wawrinka Serving

スライスサーブのキレを良くするコツと練習の意識

スライスサーブのキレとは、バウンド後も減速が少なくもっとコートの外へと跳ねていくことを指します。相手が思っているよりも速く、外に跳ねるわけです。

 

そのためには、ボールが跳ねる先に向かって回転がかかっていることが重要なのです!

 

つまりただの横回転のスライスサーブではなくて、少し縦回転のかかったトップスライスサーブという球種を打ち分ける必要があります。

関連記事:スライスサーブの打ち分け方のコツ

 

つまりややスピンサーブ寄りのスライスサーブを打つべきなのです!

 

そのためには、正しいコンチネンタルグリップで握り、脱力したスイングをする基本を守り、少し回転のかかる方向を変えるだけでいいのです。

 

特別な練習方法も必要ありません!足の蹴り上げを上方向に強くし、多少ボールの右上にラケットが入るように意識すればいいのです。簡単ですよね♪

テニスのスライスサーブのキレのコツとサーブ上達法

わかりにくいけどリターンのしにくさに影響するスライスサーブのキレは、実は回転の方向にあったのです。もちろんある程度のスピードがないと意味がありませんが、スピードを出してもコートに収まるのがキレの良いサーブなのです!

 

あなたのスライスサーブのキレはありますか?このトップスライスサーブが打てるようになるには腕の脱力が絶対に必要になります。

 

良いサーブを打とうと意気込むと力んでしまいますので、自分の身の丈に合ったサーブを打ちましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブではプロネーションが重要です!と教えられてもプロネーションとは何なのか分からないと意味…
  2. テニスにおいて、スライスは守備的なショットで自分が不利な状態になったときにニュートラルなポジションに…
  3. テニスではネットプレーでエースを取り、ポイントを終わらせるのが理想です。そのためにはフォアボレーとバ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP