テニスのサーブ上達法!スライスサーブのスタンスの広さは?

テニスのサーブの安定や回転量、スピードに関係する要素としてスタンスの広さがあります。一般的にはスタンスが広いと安定性が高まり、狭いと回転量やスピードが高まると言われています。プロの中でもフェデラーの様に広いスタンスのまま打つ選手や、マレーの様に足を寄せて打つ選手もいます。

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、スライスサーブのスタンスの広さについて紹介します。

 

あなたがスライスサーブに求めるのはキレですか、スピードですか、それとも大きく曲がることですか?それぞれのスタンスの長所と短所を知ってスライスサーブの使い方を考えましょう♪

テニスの上達法!スライスサーブの打ちやすいスタンスの広さは?

スライスサーブは右利きであれば、スピンサーブやフラットサーブと違いボールのやや右側を打つことが多いでしょう。なぜなら、デュースサイドではコート左側に相手を追い出すように、アドバンテージサイドでは相手をフォアサイドに走らせるようにコントロールし変化を着けたいからです!

 

つまり、ラケットが自分の身体から遠い場所を擦れるように少し身体を回転させて打つ必要があります。

 

では、このような条件が一番やりやすいスタンスの広さはどのくらいなのでしょうか?

 

サーブはトスが命!正確に上げよう。

スライスサーブをどう使うか?

スライスサーブに一番向いているスタンスの広さは?

まず、スタンスを肩幅くらいにしたままサーブを最後まで打つ場合。この場合体幹は安定し、スイング自体も安定するため安定して身体を回転させてボールをコートに収めることが出来ます。

 

一方で、足を開いているため軸が一つではないため、身体の回転スピードは若干落ち、回転量やスピードに関してはほどほどにしかなりません。

 

例外的に、フェデラーは足を開いたところから高速でターンできるため、練習をしっかりとすれば出来るようになる可能性はあります!

 

次に、足を最初から狭く寄せたままサーブを打つ場合。この場合、土台が安定しないためスイングの安定感は落ちます。

 

一方で、足から頭までが一直線になっていて軸が1つ出来ているので、身体を速く回転させやすくなります。つまり、ボールに多くの回転を与えることができ、大きく曲がる変化の大きなスライスサーブを打てるようになります。

 

このような打ち方をしているのはモンフィスが有名ですね♪

 

最後に、最初足を開いたところから、足を寄せてサーブを打つ場合で。この場合、後ろ足を寄せることで体重の移動をボールにも伝えることが出来るので、スライスサーブのスピードを上げることが出来ます。

 

しかし、この体重移動と体の回転のタイミングを合わせるのが難しいため安定性には難ありといったところでしょう!

テニスのスライスサーブのスタンスの広さまとめ

このように、スライスサーブを打つに当たってどのスタンスも良いところと悪いところがあるのです。

 

もしあなたが、コンスタントに相手をコートの外に追い出してからストロークで勝負したいのであれば、スタンスは広めが良いでしょう。サービス&ボレーをしたいなら足を寄せながら打つスタンス、サーブの変化でミスを誘いたいのであれば、最初から足を閉じるスタンスでいいでしょう!

 

この辺はテニスの基本です。自分に合ったスタンスを見つけましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスにおいて、ストロークの基礎練習の積み重ねはとても大切です。安定した回転がかかるストロークがフォ…
  2. テニスでは、サーブのリターンの上手い下手がリターンゲームだけでなく試合全体の流れを決めます。そんなリ…
  3. テニスの球出し練習というと基本の地味なメニューと思われがちです。しかし、球出し練習は、プロでもフォア…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP