テニスのサーブ上達法!スライスサーブのトスの位置とは?

テニスのサーブでトスの位置は何よりも重要です。サーブの種類がスライス、スピン、フラットどれを打つにしても、どこのコースに打ち分けるにしてもトスが違う位置に上がるだけで台無しになります。ストロークだって打点が違ったら上手く打てませんよね!

 

今回はテニスのサーブの上達法として、スライスサーブのトスの位置について紹介します!

 

あなたはサーブの種類によってどのようにトスの位置を変えていますか?前後左右トスの位置を少し変えるだけで相手に読まれずに打ち分けが出来るようになりますよ♪

テニスの上達法!スライスサーブの読まれないトスの位置とは

あなたはトスの位置でサーブのコースや球種を読まれていませんか?トスの位置を工夫するだけでスライスサーブを打ちやすいだけでなく相手に読まれないフォームで打つことが出来ます。

 

プロはトスやフォームがほとんど変わらずに様々な種類のサーブを打ち分けられると言いますが、アマチュアでもそれに近づくことは練習によって可能になります!

 

では具体的にどのようにトスの位置に工夫をすることでサーブを打ち分けることが出来るのでしょうか?

 

相手から見て自分のトスはどう見えてる?

相手から見て自分のトスはどう見えてる?

スライスサーブが打ちやすく、読まれないトスの位置

さて、相手からあなたのサーブのトスはどのように見えているか想像してトスアップをしていますか?

 

例えば、相手から見たら自分のサーブのフォームは正面から見た2次元的な動きに近い状態で見えているはずです。縦と横の動きが主に観察の対象になり、奥行きはわかりにくいでしょう!

 

つまり、トスの位置の変化は奥行きで付けるように意識するといいのです。フラットサーブのトスの位置の少し前にトスを上げると身体を多少回転させるスライスサーブが打ちやすくなります!また、前に上げることで体重が乗りやすくなり、キレのあるスライスサーブを打つことが出来ます。

 

サーブ練習をする時は、相手から見たらどう見えているかイメージを持って行うようにしましょう。また、このように意識してトスの位置を微調整してサーブの打ち分けをしながら、フラットのトスでスライスが打てたり、スピンのトスでスライスが打てたりするように練習をすると相手にとっては嫌なサーブになりますよ♪

 

テニスのスライスサーブのトスの位置の変え方まとめ

スライスサーブは相手を1球目からコートの外に追い出せる大変便利な変化球です!しかし、読まれてしまうと逆に自分が相手に攻め込まれる可能性も高いショットでもあります。

 

ですので、相手に読まれない範囲で自分が打ちやすい位置にトスを上げるようにしましょう。

 

サーブは一人でも、誰が相手でも練習できるショットです。誰が相手でも優位を取れるようなサーブを打てるようになりましょうね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでは、サーブのレシーブの上手さが試合の主導権を決めることがあります。もちろんサーブはどちらも上…
  2. テニスのコートでの練習が終わり、家に帰った後やオフの日の行動が実は他人との上達度に差をつける要因にな…
  3. テニスでフォアハンドストロークは最初に習い打つ回数も多いため武器になることが多いです。しかし、逆にス…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP