テニスのサーブ上達法!スライスサーブのプロネーションのコツ

テニスのサーブで相手をコートの外に追い出すために便利なスライスサーブはサーブの中で一番最初に練習するサーブですね!正しくコンチネンタルグリップで握れていて、スイングも脱力して行なえれば自然と良いスライスサーブが打てるはずです。

 

今回は、テニスのサーブ上達法として、スライスサーブのプロネーションのコツについて紹介します!

 

あなたはスライスサーブを打つ際に手首を巻いて打ってしまっていませんか?よりスライスサーブのキレを良くするにはプロネーションが良いタイミングで行われるように意識しなくてはいけません!

テニスの上達法!スライスサーブの打ち方とプロネーションのコツ

もしあなたが、スライスサーブに曲がるんだけどキレがない、安定感がなく浮くような軌道になってしまう、もう少しバウンドした後も曲がってほしいと思うのであれば、このプロネーションの感覚を掴めると改善できるでしょう!

 

どの種類のサーブにおいても、プロネーションが自然に起こるようなスイングをすることが大切で、サーブの質を左右するコツとも言えます。

 

では、具体的にスライスサーブではどんなタイミングでどのようにプロネーションが起こるべきなのかについて紹介します♪

 

Serve

スライスサーブのコツ!プロネーションのタイミングと打ち方を紹介

スライスサーブは一見ボールの側面をラケット面でこするような感じですが、実際はインパクトの時間は100分の数秒の世界ですので、グリグリと回転をかけることはできません。つまり、当たる一瞬の時に高速でラケットを右に振り、ボールを回転させることが重要なのです。

 

つまり、ラケットを持つ手が一番加速しているときにボールの当たるのが一番良いのです!

 

その加速が一番大きい時というのが、プロネーション呼ばれる腕の回内運動が起こっているときです。これは人間が生み出せる一番高速な運動だとか。

 

しかし、高速な運動は筋肉では作り出せません。なぜなら、筋肉が収縮するのにはある程度の時間がかかるからです。では何が高速なプロネーションを引き起こすのか。それは、足から体幹、肩、肘と連鎖して伝わってきた運動の勢いです。

 

その連動を可能にするのが脱力です。力が入っているとその場所で運動連鎖が止まってしまいます。たとえば、手首の力を抜いて肘の関節が動けば手首が勝手に動きますよねそれと同じです。肘の勢いが手首を動かすのです。手首に力が入っていれば動きません!つまり、運動の連鎖がそこで止まってしまうのです。

 

脱力していると、ラケットでボールの右斜め後ろをこすったあと、ラケットの面が右側に向くように抜けていくはずです!これが面がボールを巻き込むように動いていたら脱力しきれていない証拠です!

 

スライスサーブの良い感覚としては、足の蹴り上げでラケットを右斜め上に振り上げることで自然に生まれた高速なプロネーションが始まるタイミングで当たり、終わる時にボールをこすり終え飛ばすイメージを持つことが大切です。

 

テニスのスライスサーブのプロネーションのコツと上達法まとめ

このようにスライスサーブでもプロネーションの動きが重要になっています。しかし、コツとしてはプロネーションさせるのではなく勝手にするように脱力してスイングすることを今回は強調しました!

 

手の小さな筋肉によって生む運動よりも、足の大きな筋肉で生んだ運動の方が強く大きいことはわかりますよね。

 

さて、あなたのスライスサーブはカスカスでキレのない回転ばかりのサーブになっていませんか?良いサーブを打ちたいときこそ脱力ですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのダブルスの試合において勝つか負けるかは、2人のポジショニングと動きにかかっています。なぜなら…
  2. コンチネンタルグリップで握ると初心者はまずスライスサーブから練習することが多いでしょう。ボールをこす…
  3. ダブルスをしていると必ず足元に沈んでくるボールをハーフボレーやローボレーで打つ機会があると思います。…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP