テニスの上達法!スライスサーブをセカンドで打つには?

テニスでスライスサーブは相手をコートの外に追い出したいときや曲がるサーブで相手の意表を突くときに使うのが主です。また、セカンドサーブでスピンに混ぜてスライスサーブを打つのも配球としてアリです!しかし、スライスサーブは安定感がなくセカンドで使えない思っている人も多いです。

 

今回は、テニスの上達法として、スライスサーブをセカンドで打つ方法を紹介します!

 

スピンサーブと見せかけてバック側にスライスサーブをセカンドで混ぜられたら相手のリターンは詰まってネットミスになるか、返ってきてもチャンスボールになるでしょう!どうやったらスライスの変化をつけたまま安定したセカンドになるのでしょうか?

関連記事:3種類のサーブの打ち分けのコツとは…

テニスの上達法!スライスサーブをセカンドで安定して入れる方法

さて、関連記事を読んだあなたなら分かると思いますが、サーブはどの種類も独立したものではなく、回転方向と回転量とスピードの要素によって決まるので明確な種類分けはできないのです。スピンサーブ寄りのフラットサーブもあれば、フラットサーブ寄りのスライスサーブだってあるのです!

 

つまり、スライスサーブをセカンドでも安定して使うためには、セカンドサーブとして使うときにスピンサーブ寄りのスライスサーブを打てるようにしておく必要があるのです。

 

具体的に、どのようなイメージでサーブを打てばいいのか紹介していきます♪

 

スライスサーブを安定してセカンドで入れるコツ

ではスピンサーブ寄りのスライスサーブはどのように打てばいいのでしょうか?これは決して難しいことではないと思いませんか?

 

もしファーストサーブでスライスサーブをオーバーフォルトしたとしましょう!つまりセカンドでは今のスライスサーブの感覚よりも縦方向の回転を少し増やすためにスピードを少し落とすように意識すればいいのです。

 

足の蹴り上げによって生まれたエネルギーの配分を変えるだけです!ファーストでスピードを上げ過ぎてミスになったならそのエネルギーを上方向に持っていったら縦回転が増えて斜め横の回転のかかったトップスライスというサーブが打てるようになるのです。

 

つまり、セカンドでスライスサーブを安定させたければ横回転だけでなく縦の回転もかけてボールを落ちるようにするというシンプルな発想でいいのです!

 

テニスのスライスサーブをセカンドで打つ方法まとめ

サーブは3種類しかないなんてことはありません!むしろ3種類だと決めつけるのは危険です。私は、サーブは1種類だと思っています!

 

グリップの握り方やスイングの基本は一緒ですし、その方向と力のベクトルが違うだけですからね。

 

そこを難しく考えて3つのサーブに分けて個別で練習するからわけがわからなくなるのです!時には既存の知識を疑ってみましょう。何か新しい発想が見えてくるはずですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスで最もシンプルで簡単なショットは、ボレーでしょう!面の向きがあっていればコースを打ち分けること…
  2. テニスでリターンが苦手な人は意外と多いです。ラケットに当たるところにサーブが入ってもネットやアウトを…
  3. テニスでサーブが得意な選手と当たったときに有効なのが、ブロックリターンです!相手のサーブの勢いだけで…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP