テニスのサーブの上達法!スピンサーブは軌道をイメージ

テニスのスピンサーブの軌道をイメージして下さいというと大体の人が山なりの軌道でネットを越し、そこから回転で落ちていって、バウンド後高く跳ねるという感覚を持っています。実際のスピンサーブの軌道はどうなのでしょうか?

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、スピンサーブの正しい軌道について紹介します!

 

スピンサーブに限らず、どんな軌道で相手のコートのどこにボールを飛ばすかをイメージすることは上達と深い関わりがあります。あなたのスピンサーブの軌道のイメージはどのようなものでしょうか?

テニスの上達法!スピンサーブの軌道がイメージ通りか確かめよう

プロの試合をテレビや生で見たことはあると思いますが、自分の試合をビデオに撮ってみたことがある方は少ないかもしれません!

 

見たことがある方は、練習でのイメージとの違いに驚いたと思います。打ち方、ボールのスピード、軌道など全て自分が感じていたものとは遠いことがあります。

 

では、具体的にスピンサーブの軌道について書いていきましょう!

スピンサーブの正しい軌道とは?狙いによって使い分けよう!

正直、アマチュア選手のスピンサーブの軌道は山なりすぎです!緩急をつけて相手を惑わすために1球や2球混ぜるのは構いませんが、全てそのスピンサーブだとセカンドならリターンでエースを叩き込まれるでしょう。

 

そもそも、サーブはネットよりかなり高いところで打点をしています!さすがに一直線にボールをサービスコートに入れることは身長が大きくないとできませんが、いくら回転がかかっているからといっても打点から上に向かって打ち上げる必要はないのです。

 

例えば、普通のセカンドサーブで求めるスピンサーブは相手のバック側に深く安定して入る叩かれないサーブですよね?ということは、打点からまっすぐネットを越えてそこからライン際で落ちるような軌道でサーブが飛んで行けばいいわけです。

 

時々変化を着けたいときに、より軌道を上げてスピードを落としてでも回転量を増やし大きく縦に動く軌道のサーブを打てばいいのです。

 

つまり、スピンサーブの軌道のイメージは山なりではなく打点からまっすぐ飛んで行ってライン際で回転で急激に落ちる、ストロークで言うエッグボールをイメージすればいいのです!

 

テニスのスピンサーブの軌道のイメージの持ち方と上達法まとめ

一般の方のスピンサーブはいつも山なりで回転がかかりすぎてカスカスのサーブになりがちです!そのサーブがいくら確率良く入るからといっても相手に毎回打ち込まれていたら、ダブルフォルトをしているのとほとんど変わりありません。

 

プロの試合を生で見るとわかりますが、山なりにサーブを打っている選手なんて一人もいません!安全にネットを超す最低限の軌道と、ライン際に落ちる回転量さえあれば、安定したセカンドサーブになるのです。

 

セカンドサーブで使うスピンサーブの質が上がると、あなたは圧倒的に試合運びが楽になりますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのダブルスの試合において勝つか負けるかは、2人のポジショニングと動きにかかっています。なぜなら…
  2. テニスのサーブの上達法については、昨今の雑誌や指導書などで需要の高い分野になっています。私の感覚では…
  3. テニスにおいてスライスは守備的なショットです。滞空時間が長く、あまり弾まないのが特徴です!ジョコビッ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP