テニスのサーブ上達法!グリップエンドは余らせるように握る?

テニスのサーブでグリップエンドが隠れるように握るか、逆にグリップエンドが余らせるように握るかという議論があります。前者はラケットヘッドを速く振れるからだと主張し、後者はラケット面の向きがわかりやすくサーブが安定するからだと主張します。

 

今回は、サーブの上達法として、グリップエンドを余らせるように握るべきかどうかについて私の意見を述べます!

 

あなたはサーブのグリップを握った時にグリップエンドは隠れますか?ジュニアで小さな頃からテニスをしている子どもは短くラケットを持っていることが多いですね。さてこの論争勝つのはどちらでしょうか…

テニスの上達法!サーブの時にグリップエンドは余らせるべき?

最初の議論に戻りますが、両者の主張は共に間違っていないとは思います!確かにグリップを長く持てばラケットの回転半径は大きくなりますし、短く持てばラケットの操作性は抜群に上がるからです。

 

しかし、この議論は実はサーブは威力か安定感かという話が決まらないので、お互い交じり合うことはないのです。結局は威力と安定感を兼ね備えたサーブが一番良いわけです。

 

では、もう少し詳しくみていきましょう♪

 

打ち分けが出来ると、相手を翻弄できる!

プロはグリップエンドを余らせることが多い!

サーブの時にグリップを長く持つメリット・デメリット

サーブの際にグリップエンドぎりぎりを持つと、ラケット自体の回転半径が長くなりラケットヘッドのスピードが増すのがメリットです。

 

しかし、グリップエンドギリギリを持つということは握りづらい、手の力が入りにくいというデメリットもあります。慣れてしまえば別ですが、最初は全くラケット面が安定しないため腕に力みが出てしまう可能性があります!

 

つまり、サーブのスピードや回転量を上げたい人はラケットを長く持つことをオススメします。しかし、元々短く持っていた方は、最初とことん安定しないことを肝に銘じて下さい。

 

サーブの時にグリップを短く持つメリット・デメリット

サーブの時に、グリップエンドの太くなっている部分の上からラケットを握るようにするとラケットの面の向きを感じ取りやすくなり、安定感がでるのがメリットです。

 

しかし、回転半径が短くなったり、握りやすいがために腕の筋肉に頼ったりでボールに伝わるエネルギーが落ちるデメリットがあります。やってもらうとわかりますが短く持ってサーブを打つと飛ばない感じがすると思います!

 

つまり、サーブの安定感を上げたい人にはラケットを短く持つことをオススメします。しかし、サーブがいまいち気持ちよくスパーンと打てないことがあるのも肝に銘じてください。

 

テニスのサーブのグリップの握り方の上達法まとめ

つまり、この2つは自分が威力と安定感のどちらをサーブにおいて重視したいかで決めるといいのです!もちろん練習でこれらのデメリットを消していくことはいくらでも可能です。

 

短く持っているからと言ってエースが取れないわけでも、長く持っているからと言ってダブルフォルトがなくならないわけではありません!あくまでも物理的な特徴です。

 

さて、あなたは今サーブに何を求めていますか?上達するためにはこんな細かいところにも目を着けなくてはいけませんよ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブの安定や回転量、スピードに関係する要素としてスタンスの広さがあります。一般的にはスタン…
  2. テニスのサーブの中でも、スピンサーブは特別視されて練習方法も多くあります。またジュニア選手がスピンサ…
  3. テニスでスライスサーブは相手をコートの外に追い出したいときや曲がるサーブで相手の意表を突くときに使う…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP