テニスのサーブ上達法!トスのタイミングの取り方のコツ

テニスのサーブのトスについて考えたことありますか?実際、素振りでスイングは上手くできているのにトスを入れるとおかしなサーブになってしまうなんてことがあります。つまり、このトスの感覚や投げ入れるタイミングのコツが下手だとサーブが入らないなんて状態になってしまうのです!

 

今回は、テニスのサーブ上達法として、トスのタイミングのコツについて紹介します。

 

トスもサーブのスイングの一部です。決して軽くみてはいけませんし、かと言って意識しすぎるのも良くありません。あなたに合ったトスの感覚を作り上げたら、無心でサーブ練習を繰り返しましょう!

関連記事:サーブのトスの持ち方・上げ方の基本まとめ

テニスの上達法!サーブのトスを上げるタイミングとコツ

サーブの打ち分けの精度や安定性を高める要素の一つとしてトスがタイミングよく良い位置に上がることは極めて重要です!

 

あなたは試合中にどうしても良いサーブがほしい時に上手くトスが上がらなかったり、大事なポイントでセカンドサーブになりトスが上がらないかったりした経験はありませんか?誰もが一度は経験したことがあると思います!

 

これは、今まで無意識に上げていたトスが緊張によって意識化され、力みが体に出ることが原因です!しかし、そんなときにトスのリズムや離すタイミングを体が覚えるように練習しておくと自然と良いトスが上がるようになります。

 

では具体的にトスについて考えていきましょう♪

 

トスが上手い人はサーブが上手い!

トスが上手い人はサーブが上手い!

サーブのトスを上げるタイミングとコツ

なかなか練習中にトスを意識化して行う人は少ないと思います。なんとなく上げてなんとなく良さそうだったら打つ、といった感じでしょう!この「なんとなく上げる」という無意識が試合になると怖いのです!

 

例えば、私はトスを上げる感覚はスーッと手を同じ速度で真上に上げていき、頂点に着いたときにボールを「投げる」のではなく「置く」感じで離します。このスーッと上げていく間に下半身は逆に下に力を貯めるように曲げていきます。そしてトスが上がったら一気に下半身のエネルギーを開放する感じです。

 

つまり私がサーブのトスをはじめるタイミングは下半身でタメを作り始めるときで、離すタイミングは下半身の土台が出来上がったときになります。

 

しかし、このタイミングはトスの高さやサーブの打ち方によって個々で差があります!

 

今回何が言いたいかというと、無意識で上げているトスを練習で意識化しておきましょうということです。自分でトスの上げるタイミングやコツ、感覚を言葉や音で意識化しておくことがトスを上達させるのです♪

 

テニスのサーブのトスのタイミングとコツまとめ

トスのタイミングは言ってしまえば人それぞれです。しかし、自分なりに一番上手くサーブが打てる時のトスの感覚を積み重ねていくことが重要です!

 

試合中に緊張するとトスが上手く上がらないという人はしっかりと意識化して練習をすることを心がけましょう。ただ漫然とサーブ練習をしても治りませんからね!

 

サーブというと利き手の動きやタメに目が行きがちですが、非利き手の使い方が上手い人が実はサーブも上手いのです。あなたもトスを意識しましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブが苦手な人は実はトスに問題があることが多いです。ストロークと一緒で正しい打点にボールが…
  2. テニスでダブルスやシングルスの決め球で重要なボレーの練習は、あまり行われていません。確かに重要度とし…
  3. テニスでは、サーブのリターンの上手い下手がリターンゲームだけでなく試合全体の流れを決めます。そんなリ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP