テニスのサーブ上達法!トスアップの際の持ち方と上げ方のコツ

テニスのサーブで一番大事な打点を決めているのはあなたのトスアップです。ストロークではフットワーク良く相手の変化するボールの後ろに入らなくてはいけませんが、サーブは自分で打点を良くも悪くも出来ます。

 

今回はテニスのサーブ上達法として、トスアップの際のボールの持ち方と上げ方のコツについて紹介します。

 

トスの練習方法は人それぞれですが、トスだけをあげる練習をするのではなくスイングの中で自然とトスアップが出来るようにしましょう♪

テニスの上達法!サーブのトスの持ち方と上げ方のコツ

あなたはトスの持ち方や上げ方を意識したことがありますか?自分ってどんなボールの握り方をしてたっけ?と思った方は要注意です。なかなか自分の理想のトスが上がらない人は持ち方や上げ方に問題があることがほとんどです!

 

プロテニスプレーヤーがトスを上げ直すことはほとんどありませんよね!それだけ、トスはコツさえつかんで繰り返せば必ず安定するものなのです。

 

では、具体的にサーブのトスの基本を見ていきましょう。

テニスのサーブのトスの持ち方・握り方のコツ

サーブのトスは、5本の指と手のひらで鷲掴みするような持ち方では上手く上がりません。なぜなら、ボールが指に引っかかりやすくボールを離しにくいからです。指に引っかかるとトスはあちこちに散らばってしまいます。

 

私がおすすめしているサーブのトスの持ち方は人差し指、中指(、薬指)にボールを乗せる様にして小指と親指をボールが左右にぶれないように添える持ち方です。

 

握るのではなく乗せる様に持つことで指への引っかかりがなくなりトスが安定します。トスを握る手に力はいらないのです!

 

[point_box2 color=”blue”]自分がしっくりくる持ち方を研究しよう![/point_box2]

 

Heidi El Tabakh prepares to serve

テニスのサーブのトスの上げ方のコツ

トスの持ち方がしっくりくるようになったら今度はそのボールをトスアップする動作に入ります。トスの上げ方として良くないのは、ボールを低い位置で離す、肘や手首の関節を動かしてしまう、ボールを離すタイミングが毎回違うことです。

 

まず、ボールを腰の位置ぐらいで手から放してしまうのはトスを不安定にします。なぜなら、目標としているあげたい位置に遠くからボールを投げるのは、近くから投げるよりも難しいからです。単純ですよね?できるだけトスは高い位置でボールを離すイメージがあるといいでしょう!

 

次に、肘や手首の関節を動かしてしまうことはトスが左右にずれる原因になります。なぜなら、トスを持っている手の角度は肘や手首の角度によって向いている方向が変わってしまうからです。トスを上げるときは肘はしっかりと伸ばし、手首は手が常に地面と平行になるように気を付けましょう!

 

最後に、ボールを離すタイミングがばらばらだと毎回違うトスの位置になってしまいます。なぜなら、トスをする腕も簡単に言えば円運動をしているので、手をいつも地面と平行にしていても手自体が体から遠い時と近い時があるからです。ですので、サーブのスイングになじんだ手が高くに来るタイミングでボールを離すようにしましょう。

 

テニスのサーブのトスのコツと上達法まとめ

テニスにおいてサーブは1球目から攻撃できる唯一のショットです。またそのショットの良し悪しを決めるのがトスアップの上手下手です!特にジュニアや一般などのアマチュア選手は一度サーブのトスから見直してみるといいでしょう。

 

トスが上手く上がっていない=打点がめちゃくちゃなのにサーブ練習を続けても毎回違うスイングの仕方でボールに合わせてしまうだけなので、全く上達しません。

 

さて、あなたはトスを大体同じ打ちやすく読まれにくい場所に上げることはできますか?もし、あなたがサーブに限らずテニスで伸び悩んでいるなら…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 10日

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのバックハンドは両手打ち、片手打ち関係なく連続写真や動画などを見ると、手首をかなり使っているよ…
  2. テニスでは、ストロークのグリップの握りが厚い、もしくは薄いことでメリットやデメリットがあります。フォ…
  3. テニスの試合で、ネットプレーのチャンスが来てファーストボレーも上手く決まって相手を追い込んだ!と思っ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP