テニスのサーブの上達法!スピンサーブの打ち方のコツ

テニスのサーブの中でもスピンサーブは上級者が打つサーブという認識が強いです。しかし、本当は誰でも打てる安定感のあるセカンドサーブにはうってつけの種類なのです。打ち方やコツや練習方法も実際は特別なことをする必要はないです。

 

今回は、テニスのサーブ上達法として、スピンサーブの打ち方のコツについて紹介します!

 

私がサーブを指導するときは、スピンサーブから練習するほどサーブの基本が出来ていないと打てないわかりやすいサーブなのです!自分のサーブの技術があっているのか確かめるためにもスピンサーブに挑戦してみませんか?

テニスの上達法!サーブの基本、スピンサーブの打ち方とコツ

さて、サーブの基本であるグリップの握り方やスイングについてまずは確認してください!

関連記事1:サーブの正しいコンチネンタルグリップの握り方

関連記事2:サーブの正しいスイングの仕方

 

この2つが理解できないようだと、今打っているサーブは全て打ち方に欠点があることになります!スピンサーブが打てないと悩んでいる人は大概他のサーブも満足に打てていないことが多いのです。

 

では、具体的にスピンサーブの打ち方とコツについて書いていきましょう!

 

スピンサーブは特別なサーブではない!

スピンサーブは特別なサーブではない!

サーブの基本が詰まった、スピンサーブの打ち方とコツ

よくスピンサーブの打ち方を説明する際にボールを時計に例えて何時の方向から何時の方向に向かってスイングするなどといった表現を使いますが私はそれが嫌いなため少々違う説明をします!

 

そもそもボールもスイングも二次元じゃないので、平面的な時計の説明では成り立たないのです。

 

スピンサーブを打つときは大体アドバンテージサイドのワイドから練習するので、それにあわせて説明します。

 

まず、スピンサーブの練習に入る前に絶対に腕を脱力すること、腰を反らないことを意識します。そして、スイングの方向が斜め右上前の方向になるように足の蹴り上げと体重移動を使います。サーブの基本が出来ていればこれを意識するだけでスピンサーブが打てるようになります!

 

なぜなら、斜め右上に脱力した腕とラケットが振り上げられることである地点でプロネーションが起こり、ボールの内側斜め後ろに面が当たり、こすり上げながらプロネーションが終わるからです。やろうとしなくても勝手に起こるはずなのです!

 

あとは、相手のバック側にサーブをコントロールするためには、最初のプロネーションのどのタイミングでボールを打つかを微調整するだけでOKです♪

 

テニスの上達法!スピンサーブの打ち方のコツまとめ

このように、スピンサーブは特別なものではなく基本に忠実にサーブを打てている人が打てる単純な縦回転のサーブなのです!全く複雑な構造ではありません。

 

しかし、一般的に上級者が打つサーブという思い込みが強いので多くの人が、変な練習方法に取り組んで壁にぶつかってしまうのです。

 

自然にサーブを打てるようになりましょう!今までの積み重ねが正しくなかったなら認めて新たにスタートを切りましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでリタ―ン側で構える時、あなたはフォアとバックどちらのグリップの握り方で構えていますか?また構…
  2. テニスにおいてフォアハンドストロークは武器であることが多い反面、安定感を欠く方も多いと思います。特に…
  3. テニスでは、サーブのリターンの上手い下手がリターンゲームだけでなく試合全体の流れを決めます。そんなリ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP