テニスのサーブ上達法!スピンサーブのプロネーションのコツ

テニスのサーブの中でも、スピンサーブは特別視されて練習方法も多くあります。またジュニア選手がスピンサーブを打つと、怪我をしやすいと間違った認識をするコーチもいます。プロネーションが上手く出来ないと腕に負担がかかるということらしいですが…。

 

今回は、テニスのサーブ上達法として、スピンサーブのプロネーションのコツについて紹介します!

 

あなたはスピンサーブが打てないからと言ってコーチに練習の仕方を習っていませんか?実は、そのスピンは特別という意識があなたの上達を妨げていることにそろそろ気づかなくてはいけません!

テニスの上達法!スピンサーブのプロネーションのコツと打ち方とは

さて、まずあなたはプロネーションについて正しい知識を持っていますか?もし腕を回内して捻じることだと思っている方は一度関連記事を読んでから読み進めてください!

関連記事1:サーブの正しいスイングとは?

関連記事2:サーブのプロネーションとは?

 

この通り、全てのサーブのプロネーションのコツは勝手にスイングの中で腕がクルっと回内するように腕を脱力して足を蹴り上げることだったのです。

 

では、スピンサーブのプロネーションのコツを具体的にみていきましょう!

 

この脱力が強烈なスピンサーブを生む!

この脱力が強烈なスピンサーブを生む!

スピンサーブのプロネーションのコツと打ち方とは

スピンサーブはプロネーションが重要、ということは間違っていません。しかしプロネーションは正しいスイングが出来ていれば勝手におこりますので、初めは特に意識をする必要はありません!ここからは右利きの想定で書いていきます。

 

具体的なスピンサーブのプロネーションの打ち方のコツは、「スイングの方向を斜め右上にすること」「ボールを捕まえる感覚を持つこと」です。

 

まず、スイング方向について。スイングの方向は回転をどっち方向にかけたいかによって変化すると考えてもいいでしょう。

 

つまり、スピンサーブを打ちたいときには右上方向にラケットが振り上げられるように足の蹴り上げの力を使い、プロネーションの途中でボールの斜め左後ろを打ち、プロネーションが終わる時にラケットがボールの右側に抜けていくようにするのです!

 

次に、ボールを打つ感覚について。これは感覚なので、誰にでも共通というわけではありませんが、ボールをしっかりとガットでつかんでいる感覚を身に着けることがコツです。掴めないとパーンとはじいてしまったり、カスカスで回転ばかりのスピンサーブになってしまいます。

 

これは、ラケットのボールへの入り方で変わってきますので、自分でプロネーションのタイミングやスイング方向を微調整してみてください♪

 

テニスの上達法!スピンサーブのプロネーションのコツまとめ

このように脱力して、腰等を反ることなく自然にスピンサーブは打てるのです!ですから、関節に問題がない限りは誰が打っても怪我の心配もないのです。また、サーブの質がプロネーションの感覚によって左右されるのがスピンサーブなのでサーブ全体の自然なスイングを身に着けるにはうってつけの球種なのです。

 

スピンサーブが打てればスライスサーブやフラットサーブに応用が効きますからね!

 

私は指導する際にまずスピンサーブもどきから教えるようにしています。サーブは縦回転が命ですからね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブでトスの高さについて質問されることが多々あります。確かに試合を見ていると、トスが異常に…
  2. テニスのサーブはスピードだけではありません!バウンド後のキレが良いサーブを打てると相手のリターンの芯…
  3. テニスの中でサーブが苦手というジュニアや一般の方を良くレッスンします。大体の方のサーブのスイングがめ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP