テニスのサーブ上達法!体重移動を使った打ち方のコツ

テニスでサーブが入らないと困っている方の多くは、安定した打ち方や感覚が見つからないのが原因だと思います。スイングやグリップの握り方さえ許容範囲内であれば、後はスイングの感覚を掴んで反復練習をして自信が付けば、当てるだけのサーブからは卒業できます!

 

今回は、テニスのサーブの上達法として、サーブの打ち方の要素の1つである体重移動のコツについて紹介します!

 

サーブが苦手な人は、体重移動や足の蹴り上げ等ボールに大きなエネルギーを伝える根本的なところのリズムやタイミングがつかめていないのです!この機会に、自分のサーブのリズムを整えましょう♪

テニスの上達法!サーブの体重移動を使った打ち方のコツと練習方法

まず、正しいサーブのグリップの握り方とスイングの方法について読んでいない方は以下の関連記事を読んでからこちらを読み進めることをオススメします。

関連記事1:正しいサーブのグリップの握り方

関連記事2:正しいサーブのスイングの方法

 

この2つのサーブの超基本さえ身に着けていれば、後はどれだけ自分のサーブにリズムを持たせてバランス良く体重と足の蹴り上げのエネルギーをボールに伝えていくかしかありません!

 

打ち方はコツさえつかめれば、特別な練習方法なしに1人でサーブ練を繰り返すことで改善することが出来ますよ♪

サーブの打ち方!体重移動のリズムとコツを掴む方法

まず、体重移動のリズムやコツについて書く前に、1つ動画を見てください!

 

この動画は、日本のトッププロで元デビスカップ代表のサービス&ボレーヤーの鈴木貴男選手のサービス&ボレーを間近で特別に撮ったものです!

 

サーブの後のローボレーの弾道の低さも芸術的ですが、それを可能にしているのが流れるようなサーブの体重移動です!一度も運動の連鎖が止まることなく滑らかに前進していきますよね?

 

これは、サーブ&ボレーヤーに限らずどのプレーヤーにもマネしてほしいサーブのリズムと体重移動を使った打ち方です!

 

このように流れるようなフォームでサーブを打つコツは、正しいグリップで握れているならトスを少し自分に近めに上げて前に上げ過ぎないこと、体全体が程よく脱力していることですね。

 

トスが前に上がりすぎると薄いグリップで握れていると、無理をして面を当てに行かないとネットに突き刺さってしまいます。また、身体に力みがあると運動の連鎖のブレーキになってしまいます。この2点に気をつけてみてくださいね♪

テニスのサーブの体重移動を使った打ち方の上達法まとめ

このような、サーブが武器の日本のトッププロは少ないですね。39歳になった鈴木貴男選手はサービス&ボレーヤーとして数々の偉業を成し遂げてきたプレーヤーです。

 

彼が生み出すサーブの体重移動の使い方には全く無駄がなく、スムーズにボールにすべてのエネルギーが加わっています。

 

さて、あなたのサーブはどこかでブレーキがかかってしまっていませんか?自分のサーブのリズムは自分だけのものになるまで練習しましょうね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでサーブが入らないと困っている方の多くは、安定した打ち方や感覚が見つからないのが原因だと思いま…
  2. テニスで最もシンプルで簡単なショットは、ボレーでしょう!面の向きがあっていればコースを打ち分けること…
  3. テニスのサーブの上達法については、昨今の雑誌や指導書などで需要の高い分野になっています。私の感覚では…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP