テニスのリターン上達法!曲がるスライスサーブを返す方法

テニスのリターンで手こずるのが、大きく曲がるスライスサーブです。特にサウスポーのスライスサーブは右利きと練習することが多い人にとっては大きな天敵です。リターンゲーム全てリターンのネットやサイドアウトのミスで終わることもあるでしょう!

 

今回は、テニスのリターン上達法として、曲がるスライスサーブを返すコツと方法について紹介します!

 

実は、このような大きく曲がるサーブはリターンするコツさえつかんでしまえばスピードも大してないため、返すことが簡単になります!しかし、多くの人は同じミスを繰り返すのです。その方法とは…

テニスの上達法!大きく曲がるスライスサーブをリターンするコツ

スライスサーブは相手の緩急がよほど上手くない限りは、リターンを返すことは容易です。なぜなら、大きく曲がる=回転量が多い、つまりその分スピードが落ちるので準備に時間的な余裕があるからです!

 

さらに、一般のプレーヤーであればスライスサーブ一辺倒のような人も多いので一度リズムと曲がり具合だけあってしまえば必ず次からも返すことが出来るのです。

 

しかし、時間があるからこそ多くのリターンサイドの選手は対策に悩んでしまい、結局中途半端なリターンになりミスするか次で決められるかどちらかになってしまうのです!

 

リターンに考える時間なんてない!

リターンに考える時間なんてない!

テニスのリターンのコツ!大きく曲がるスライスサーブは合わせに行くな

多くのプレーヤーが大きく曲がるスライスサーブに対してラケットを合わせに行くような中途半端なリターンをします。もしくは、相手がサウスポーであればバックハンドでリターンをするのが嫌で回り込み詰まってミスをしてしまいます。

 

スライスサーブの攻略のコツは、「曲がってくる方向のストロークでリターンすること」、「ブロックリターンしないこと」、「軸足でリズムを待つこと」の3つです。

 

それぞれについて解説する前にリターンの基本の関連記事をまだ読んでない方は先にこちらを読んでから進んでください!

関連記事:サービスリターンの基本の打ち方

 

まず、判断について。リターンに構えたときに、右利きのスライスサーブならフォアハンドで、左利きのスライスサーブならバックハンドで返すと決めて置いてください!特に左利きはスライスサーブをあなたの右腰めがけてボディに打ってくる戦略を取ることがあります。

 

それはあなたに回り込ませて詰まらせて、リターンミスを誘う作戦なのです!通常どんな練習でも身体に近づいてくるボールを打ち返す練習ってしませんよね?だから、絶対に曲がる方向に逆らわずにどちらでリターンするか決めなくてはいけないのです。

 

次に、リターンを合わせに行かないことについて。よく速いサーブに対して準備の時間がないためブロックリターンを使い合わせて返すような判断をすることがあります。しかし、大きく曲がるサーブに対しては、相手のサーブにスピードがないわけですから、普通に打つと真ん中に当たらないと恐れてブロックリターンをしても結果は同じなのです。

 

むしろ、精神的にはブロックリターンを選択したことで、その後もプレーが消極的になり悪循環になる恐れがあります!

 

最後に、足の使い方について。関連記事でも紹介したように、1でスプリットステップ、2で軸足をボールの後ろに素早く準備して、3で打点と同時に踏み込むというリターンの超基本の中で、スライスサーブに関しては2の軸足がとても重要になります。

 

大きく曲がるスライスサーブに対していつもより足を近くにいれることはもちろん、回転量が多く中々飛んでこないボールを1テンポ待つことが重要になります!いつも打っているリズムよりも2の時間が長くなるように打ちに行かずに待ってから踏み込みましょう。

 

テニスのリターン上達法!大きく曲がるスライスサーブの対策まとめ

私が思うに、一般の方は大きく曲がるとか、速いとかいうサーブに対して何か特別な対策をしてリターンを何とかコートに返さなきゃと思い詰めすぎです!

 

少し厳しいことを言うと、返さなきゃと思ってボールが相手のコートに返るのであれば、誰でもリターンがコートに返りますよ。どのように基本を崩さずに少しの工夫をするかが大切なのです!

 

これであなたもチョリチョリ回転をかけて大きな変化のサーブを打ってくる相手に対して速攻でサービスブレイクできますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスにおいてスマッシュは、ポイントを終わらせるショットです。そのため、スマッシュが決まらないとネッ…
  2. 講座の会員さんからの質問でテニスでボレーを打つときにどうしても反応が悪くて遅れてしまうので、反応を良…
  3. テニスのサーブはスピードだけではありません!バウンド後のキレが良いサーブを打てると相手のリターンの芯…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP