テニスのサーブ上達法!スピンサーブのトスの位置とは?

テニスのサーブの打ち分けをする際に相手に読まれないように気にしなくてはいけないのがトスの位置。特に、スピンサーブとスライスサーブはトスの位置でばれてしまうことが多いです!一方で無理をしてトスの位置を変えるとフォルトしやすくなります。

 

今回はテニスのサーブの上達法として、スピンサーブのトスの位置について紹介します!

 

あなたはサーブの種類によってどのようにトスの位置を変えていますか?プロの様にほとんど同じトスでサーブを打ち分けられるのが一番ですが、そのためには才能と練習量が絶対に必要です。あなたが出来るトスの位置の工夫の仕方を探しましょう♪

テニスの上達法!スピンサーブのトスの位置、打ち分けのコツ

テニスにおいて難しい特別なサーブというイメージを持つ方が多いスピンサーブ。特にトスの位置が頭の後ろの方になってしまう人が多く打つ前からトスで相手に読まれることがほとんどです!

 

相手に読まれてしまってはスピンサーブは高い打点からリターンを叩き込まれてしまうこと間違いないでしょう。

 

これから、読まれないスピンサーブのトスの位置を紹介し、打ち分けのコツについて理解を深めましょう♪

関連記事:3種類のサーブの打ち分けのコツ

 

サーブのトスは相手目線でバレないように!

サーブのトスは相手目線でバレないように!

スピンサーブのトスの位置と打ち分けのコツ

スピンサーブ、フラットサーブ、スライスサーブの打ち分けをするためには、関連記事で説明したように回転の方向×回転量×スピードの割合を調節が重要です。

 

そのためには、打ちたいサーブの種類に合ったスイング方向が自然に出来る位置にトスを上げる必要があります。

 

しかし、トスの位置をベースラインと平行方向に左右に変えてしまうとリターンの構えをしている相手から見て簡単にサーブのコースや種類を読まれてしまいますよね?

 

そのため、サーブのトスを前後で変えて相手から位置の違いがないように見せる工夫をするべきなのです!

 

スピンサーブはスライスサーブやフラットサーブと違いプロネーションが起こる途中に当たりこすり上げるように打つことが必要になります。つまり、トスが前の方の位置に上がってしまうと上にこすり上げるスイングがしにくく、前にスイングしすぎてしまい回転量が減り、スピードが出てしまいます!

 

つまり、他の2つのサーブよりもトスがベースラインよりの後ろになるのです。

 

テニスの上達法!スピンサーブのトスの位置の工夫まとめ

このようにトスを左右ではなく奥行きで変えることでリターンの相手にサーブの種類やコースの打ち分けをばれないようにすることが出来ます。

 

サーブだけでなく、自分のプレーを相手から見たらどうなのかということは普段の練習から試合中まで大切な視点になります!

 

あなたも常に客観的にテニスの練習を重ねて、「上手い」だけでなく「強い」テニスプレーヤーになりましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでサーブの中でも難易度が高いと特別扱いされることの多いスピンサーブ。しかし…
  2. テニスのリターンで手こずるのが、大きく曲がるスライスサーブです。特にサウスポーのスライスサーブは右利…
  3. テニスにおいて、スライスは守備的なショットで自分が不利な状態になったときにニュートラルなポジションに…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP