テニスのネットプレー上達法!エースで点を取るパターンを紹介

現代のテニスでは、ベースラインからのストロークの安定感が重視され、一時世界のテニスプレーヤーがサーブ&折ボレーからネットプレーを展開していたなんて信じられない程変わりました!しかし、そんなカウンターパンチャーを倒すにはネットプレーでエースで点を取ってゆさぶりをかける必要があります。

 

今回は、テニスのネットプレーの上達法として、ボレーやスマッシュで点を取るパターンをいくつか紹介します!

 

あなたはネットプレーに少し引け目を感じていませんか?どうせ前に出てもミスかパッシングを抜かれて終わるから、とチャンスボールをみすみす見逃していませんか…

テニスの上達法!ネットプレーでエースを取る必勝パターン

まず、ネットプレーの鉄則として、シングルスではファーストボレーを含む3球以内にエースか相手のミスでポイントを終わらせるように攻撃的に行くこと、ダブルスではミスをせずに優位を常に保つことがあります!

 

この2つはネットプレーのセオリーとも言えますのでお忘れなく。

 

さて、あなたはどんなパターンが思いつきますか?

 

Serve And Volley

サーブ&ボレーでネットプレーへ

ネットに最短で到達する戦術がサーブ&ボレーです。この際の必勝パターンは2つあります。

関連記事:サーブ&ボレーを失敗しないためのコツ

 

まずは、サーブで一気に相手を押し切り、ボレーは当てるだけで良い状態にするパターンです。これは、コントロールの良いサーブかとにかく速いサーブが必要になります!

 

おすすめのパターンはゆっくりと大きく曲がるスライスサーブで相手をコートの外に追い出してストレート寄りのリターンを待っておくことです。それをクロスに短くボレーを打てばエースになります!

 

次は、相手にリターンを気持ちよく打たせてそれをしっかり真ん中に当てて相手に時間を与えずにエースを取るパターンです!

 

例えば、アドバンテージサイドから左に曲がるスライスサーブをゆっくりボディから相手のフォア側に打って回り込ませるのです。すると相手は気持ちよくストレートにリターンをたたいてくるので出来るだけネットに近づいてそれをラケットにさえ当てればエースになります。

 

アプローチをわざと浅く低く打ってネットプレーへ

これはスライスでアプローチを弾まないようにわざと浅く打って、クロスのパッシングを待ってボレーで一気に決めるパターンです!

 

相手はアプローチ=強く深く打ってくるというイメージを持っていることが多く、ポジションを下げていることもあるので、その裏をかいて浅く低くボールを打ってネットに出ましょう!

 

すると、相手のパスはストレートはネットが高くミスが多くなるので、クロスに回転をかけたパスかロブになります。

 

ポジションは完全にクロスのパッシングを待ち、頭の中では相手のロブも警戒しておくことがコツです!そうすると相手がもしボールの下にラケットを入れたらロブだとすぐに判断でき良い打点でスマッシュを打てるのです。

テニスの上達法!ネットプレーで点を取るパターンまとめ

このように相手の打てるショットを限定してネットに出ることがネットプレーの基本です!なぜなら、いくらボレーが上手くても相手が自分の触れないところにボールをコントロールできる状態でネットに出たら、逆にエースを量産されてしまうからです。

 

もちろん力強いアプローチで相手をコートの外に追い出してネットを取る王道の形もいいのですが、そこまでの展開でストロークをミスしてしまうことも多いですよね?

 

だからこそ頭を使って低リスクで自分がボレーやスマッシュを打ちやすいところに相手にパスやロブを打たせるように頭を使ってネットプレーをしましょうね♪

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスで意外と苦手な人が多いのが、フォアハンドストロークの高い打点のチャンスボールです。チャンスボー…
  2. テニスでバックハンドストロークに苦手意識がある方はとても多いです。しかし、バックハンドはフォアハンド…
  3. テニスのシングルスの試合は近年、グラウンドストロークとフィジカルの向上でカウンターパンチャーがプロア…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP