テニスの上達法!スピンサーブの面の向きとスイングについて

テニスにおいてスピンサーブを打ちたい、練習方法や打ち方、コツを知りたいという方は多くいると思います。あなたもサーブの上達を目指しスピンサーブ、フラットサーブ、スライスサーブの3種類の打ち分けを練習していると思います!

 

そこで、テニスのサーブ上達法として、今回はスピンサーブの面の向きとスイングについて紹介します!

 

あなたもスライスサーブや速いフラットサーブを出来るようにしてから、意気込んでスピンサーブを習得しようとしているだと思います。しかし、実は過剰なスピンサーブの特別視が上達を妨害しているのです…

テニスの上達法!スピンサーブの面とスイングの向きについて

スピンサーブが上手く打てている人は、自分がスピンサーブを打っているという意識はあまりありません。どんな弾道でどんな回転の球をどこに打つのかというイメージを持ってただボールを打っているだけなのです!

 

スライスサーブ、横回転のかかったサーブが打てるなら、スピンサーブ、縦回転のかかったサーブが打てないはずがないのです!サーブの種類の打ち分けに関しては他の記事を参考にしてください。

関連記事:サーブの打ち分けのコツ

 

では、スピンサーブを打つときのラケットの面とスイングの向きについて客観的に考えて、自分のスピンサーブを見直してみてください!

スピンサーブのラケット面とスイングの向きについて

スピンサーブを打つ時にボールが飛んでいく方向を決める要素は何でしょうか?私は聞き捨てならないアドバイスをしているコーチを発見してしまいました。

 

「スピンサーブを相手のバック側に打つときには、(右利きなら)右方向にスイングすればいいんですよ」

 

そんな訳はありませんよね?じゃあラケットの面が相手のフォア側に向いていてもスイングを右方向に振ればスピンサーブが相手のバック側に行くのでしょうか…。

 

と、一般的なテニスコーチのアドバイスは突っ込みどころ満載ですから、注意深く聞いてみてください!

 

さて、小話はこの辺りにしてスピンサーブを打つときのラケット面とスイングの向きについて具体的にみていきましょう。スイングに関しての基礎知識として以下の関連記事も読んでみてください。

関連記事:サーブのスイングの正しい理解・間違った理解

 

関連記事に書きましたが、スイングはするものではなくされるものです!腕が脱力できていて、足で地面を蹴る力と体重移動でラケットは振られるのです。これが感覚的に理解できていないのであれば、あなたはスライスサーブもフラットサーブも打てているとは言えないのです!

 

つまりこのされるスイングの方向をコントロールしてプロネーションのどの局面でボールを打つかということだけ意識すればいいのです!

 

例えば、アドバンテージサイドから相手のバックハンドにボールを打ちたいときは、スイングの向きは縦回転をかけるためにラケット自体は斜め上前方向に行けばいいでしょう。また、プロネーションが起こり始めて面が相手のバック側に向いている局面でボールを打てばいいのです。

 

そうすると、ボールの後ろのやや自分側をラケット面が捉え、スイングとしてはプロネーションも加わり右斜め上前方向に振られることになるのです。

 

 

テニスの上達法!スピンサーブの面とスイングの向きまとめ

このように、どの要素がサーブやストロークの何に作用しているのかをシンプルに考え、自分でスイングの方向とどの局面でボールを打つかを微調整をしながらただサーブを練習すればいいのです!

 

単純ですよね?もしあなたのスピンサーブがバックハンド側に飛ばないなら面がそちらに向いていないだけなのです。もしあなたのスピンサーブに回転がかからないならスイングの方向が間違っているだけなのです。

 

これくらいどのショットの練習でもシンプルに考えて調整が出来るようになると試合でミスが続くことが減りますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのコートでの練習が終わり、家に帰った後やオフの日の行動が実は他人との上達度に差をつける要因にな…
  2. テニスのバックハンドの練習メニューというと、ラリー練習を思い浮かべるかもしれません!しかし、ラリー練…
  3. テニスのダブルスで試合に勝つ方法や戦術で用いられるのが、サーブ&ボレーやリターンダッシュでネットを取…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP