テニスのリターン上達法!バックリターンが苦手な人へ

テニスでバックリターンが苦手だからと言ってなんでもフォアに回り込もうとしている人を良く見かけます!リターンの構える位置もフォア側を空けているためサーブ側はエースを取り放題です。またサウスポーのスライスサーブは回り込めませんよね!

 

今回は、テニスのリターン上達法として、バックリターンが苦手な人に動画を使ってコツをお教えします!

 

バックハンドストロークが苦手な人がリターンも不得意ということが多いですが、実際はリターンはストロークとは違うショットだと思って練習した方がいいです!あなたのバックリターンを改善していきましょう♪

テニスの上達法!バックハンドリターンが入らない、苦手な人の改善法

なんでプロはあんな速かったり、跳ねたり、曲がったりするサーブをラケットに当ててなおかつ深いところにコントロールできるのでしょうか?

 

私も疑問に思っていたことがありましたが、実際にプロがリターンを打っている動画を撮ってみてみると面白いことがわかりました。

 

そのコツを掴むことが出来れば、あなたが苦手だと思っているバックハンドのリターンが入るようになりますよ♪

関連記事:リターンの打ち方とコツ基本まとめ

バックリターンが苦手!全く入らないリターンを簡単に変えるコツ

さて、あなたのバックハンドリターンはなぜコートに返らないのか、自己分析はできていますか?よく見かけるのは、サーブに対して腰が抜けていてボールに手でラケットを当てにいって面が安定せずに明後日の方向にボールを打っている人です。

 

他にもたくさん原因はあると思いますが、関連記事でも紹介したようにシンプルにテイクバックをしてリズムよく踏み込んで身体をぶつけていけばいいのです!

 

この動画は、西岡良仁選手のバックハンドリターンを動画でとったものです!普段腕を存分にしならせて大きなスイングをしているイメージが強い西岡選手ですが、リターンはどうでしょうか?

 

この動画からわかるバックリターンのコツは、「ステップインすること」、「テイクバックをシンプルに引くこと」、「ボールを良く見てまっすぐに押し出すこと」の3つです。

 

まず、ステップについて。このリターンのステップインをすることで腰が抜けたような手だけで打つリターンではなく、全身で壁を作り体重をボールにぶつけることが出来ます!

 

次に、テイクバックについて。大きく引いて打っているイメージの多い西岡選手ですが、リターンはどうでしょうか

?とても単純にラケットが打点の面の形のままボールの高さに合わせて引かれていますよね?これが出来るとリターンの返る確率がぐんと上がります!

 

最後に、スイングについて。テイクバックから打点までボールをしっかりと見たままラケットの真ん中の軌道がボールの軌道にぴったりと合ったまま長い間押し出すように打つのがコツです!この時にラケットの軌道がずれると空振りやフレームショットの原因になります!

 

つまり、このステップとテイクバックとスイングをリズムよく、サーブに対してぶつけていけばバックリターンだろうがフォアリターンだろうが入らないなんてことはないのです。

 

テニスの上達法!バックリターンが苦手な人の対策まとめ

正直、相手のコートにラケットの面がしっかりと向いていれば、勢いのあるサーブが当たればボール返りますよね?そこまで大げさにやらなかったとしてもしっかりとラケットの面さえ準備出来ていて、大きな力に負けないために体重移動を使って打てればリターンは良いのです!

 

つまり、リターンはストロークよりもボレーに近いと言えます!ブロックリターンなんかはもろボレーですよね。

 

さて、あなたがリターンを苦手な原因はどこにありましたか?シンプルにどうやったら返るのか考えて練習しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの一般の草トー等の試合で、トスがめちゃくちゃ高い人や極端に低いクイックサーブのような打ち方をす…
  2. テニスでサーブが入らないと困っている方の多くは、安定した打ち方や感覚が見つからないのが原因だと思いま…
  3. テニスの試合で、ネットプレーのチャンスが来てファーストボレーも上手く決まって相手を追い込んだ!と思っ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP