テニスのリターン上達法!ブロックリターンの打ち方とコツ

テニスでサーブが得意な選手と当たったときに有効なのが、ブロックリターンです!相手のサーブの勢いだけでボレーの様ラケットに当てるだけでリターンする方法です!しかし、リターンが苦手な人がブロックすると浮いてしまいチャンスボールになってしまいます。

 

今回は、テニスのリターン上達法として、ブロックリターンの打ち方とコツについて紹介します!

 

ブロックリターンは確実に安定してリターンを返したいときに有効です!ビッグサーバーはリターンが返ってくるだけでもダメージを受けてサービスゲームのリズムを崩すことがありますからね。

テニスの上達法!安定したブロックリターンの打ち方とコツ

ブロックリターンは相手のサーブの勢いで速く返すことも出来ますし、わざとロブ気味に打ったり、浅く打ったりとアレンジをすることが出来ます。

 

今回紹介するにあたって、普段特に意識していなかったブロックリターン成功のコツを見つけることができました!その内容について書いていきます!

安定したブロックリターンの打ち方とコツ

あなたはブロックリターンを打とうとするとどんなミスが起こってしまいますか?ボールがふわふわと返ってしまう、そもそも真ん中に当たらない等々あると思います!

 

そんなブロックリターンの打ち方とコツは、「足をリズムよく踏み込むこと」、「ラケットをすぐに打点の位置にセットすること」、「ラケットの面を一切動かさないこと」の3つです。

 

まず、フットワークについて。ブロックリターンというと、ラケットをボールに当てることに精いっぱいになって足がべたっと地面についてしまっていることが多々あります。しかし、サーブは速いため運動エネルギーをたくさん持っているわけですから、リターンする側はそれに負けないように手だけでなく全身の体重移動をぶつける必要があるのです。

 

相手がボールを打つときに素早くスプリットステップし、次に打点の位置にラケット面をセットして、最後はしっかりとボール真ん中で捉えながら踏み込むリズムが大切です。

関連記事:確実にリターンが返る正しい打ち方とは

 

次にテイクバックについて。ここが普通のリターンと少し違います。ラケットをボレーと同じように最初からほぼ打点と同じ位置に返る面で置いておくだけにします。こうすることで速いサーブに対して振り遅れるということがなくなります!

 

最後に、ラケットの面について。打点の際にはラケットの面がとにかく崩れないように我慢してください!テイクバックの時点で出来上がっている面がどんな状況になっても崩れなければ理論上はボールは返りますからね。コツとしては、やはり手でぶつかりに行くのではなく、体でぶつかりに行くイメージを持つことですね!

 

この3つのコツを掴むとブロックリターンでコントロールが出来るようになったり、相手がどんなに良いサーブを持っていても、1回多く相手のコートにボールを返すことが出来る様になったりします!

 

テニスの上達法!ブロックリターンの打ち方とコツまとめ

このブロックリターンはプロの中でも使われます。これが何を意味するかというと、プロであってもとにかく1球相手に多く打たせることを意識しているということです。どんなに弱いボールが返ってもリターンが返って相手に打たせることがプレッシャーになるのです!

 

錦織対ラオニッチでもこんな感じ…

 

リターンが得意な錦織も相手にとにかく1球でも多く打たせるために安定性を重視して要所要所でブロックリターンをつかっていました!そのプレッシャーのおかげもあってフルセットで勝利しましたね。

 

守備的なショットですが、気持ちは打ってこいと強気にブロックリターンを使っていきましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでダブルスやシングルスの決め球で重要なボレーの練習は、あまり行われていません。確かに重要度とし…
  2. テニスでスマッシュが苦手な人は多いです。練習量が少ないのが原因です。試合で使うショットとして頻度は少…
  3. テニスのサーブでトスの高さについて質問されることが多々あります。確かに試合を見ていると、トスが異常に…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP