テニスのスマッシュ上達法!空振りをしない打ち方のコツ

テニスの試合で、ネットプレーのチャンスが来てファーストボレーも上手く決まって相手を追い込んだ!と思ったらスマッシュを空振り…なんてことありませんか?スマッシュが苦手な一般の方は多く、しかもロブの落下点が分からないから平気で空振りをします!

 

今回は、テニスのスマッシュの上達法として空振りをしない打ち方とコツについて紹介します!

 

スマッシュはネットプレーの中でも最後のエースをとるフィニッシュのショットなのに、空振りで自分をフィニッシュしてはいけませんよね(笑)試合だとその1つの空振りが命取りになったりするものです。確実に決められるスマッシュを身につけましょう!

テニスの上達法!ネットプレーでスマッシュを空振りしないコツ

スマッシュで一番大切なのは当てに行かない事!当てようとすればするほど上手く当たりません。また、それでスマッシュが相手のコートに入ってもすぐにパッシングを打たれ点を取られてしまうでしょう。

 

ネットプレーの上手下手はボレーではなく、フィニッシュのスマッシュで決まるのです!

 

そんなスマッシュを確実に決められるようになるコツを紹介します。
Robert Lindstedt and Horia Tecau

ネットプレーでスマッシュを空振りしない打ち方のコツ

まず、ネットプレーでスマッシュを空振りする原因は打ち急ぎかミスを恐れているかのどちらかです。この精神的な問題は自分で解決するしかありません。。例えば、チャンスボールだから決めなきゃ、ではなくチャンスボールだから落ち着いて打てるところに打てば決まるだろうと心に余裕を持たせることも有効です。

 

このような心理的なミスを減らすだけで大幅にスマッシュやチャンスボールのミスは減ることがあります!しかしそれでもまだミスが減らないという方は、打ち方に問題がありますね。

 

スマッシュの正しい打ち方のコツは、「ロブが上がった瞬間にラケットを肩に担いで身体を横向きでリラックスする」、「真っすぐに上げた左手のところにボールが来るように早く動く」の2つです。

 

まず、準備について。スマッシュの苦手な人は大抵この準備が全くできていません。それは精神的な焦りか正しいフォームを習っていないかどちらかです。正しい準備は、ロブだと思ったらすぐにラケットを担いで、身体を横向きにすることです。

 

準備はこれだけでいいので、あとはバタバタしないように落ち着いてボールの落下点を探してください。

 

次に、ボールの落下点の探し方について。野球やサッカー等を小さいころにやっていた人はこの落下点を探すのが上手いので、スマッシュもさほど苦ではないと思います。しかし、女性に多くみられるのがボールの落下点のイメージが湧かないということです。

 

そんな時には上げている左手のところにボールが来るようにすることだけ考えて準備の形を崩さずに素早く動いてください!そうすると自然と落下点に自分が入れて余裕を持って空振りすることなくスマッシュを確実に決めることが出来ます。

テニスの上達法!スマッシュを空振りしない打ち方とコツまとめ

スマッシュで何が難しいか、それはチャンスボールも同じですが時間的余裕がありすぎて考えてしまうことです。相手がどっちに動いたとか、さっきあっちに打ってミスしたとか心理的な作用が大きくなります。

 

ですので、時間があるからこそ、基礎的な打ち方や落下点の探し方、足の動かし方に意識をもっていってください!

 

それで最高のスマッシュが打てて相手に拾われても別に構いません。次のボールで決めましょう!それくらいの余裕が大切ですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスにおいてスマッシュは、ポイントを終わらせるショットです。そのため、スマッシュが決まらないとネッ…
  2. テニスでフォアハンドストロークには回転をグリグリにして重い球を打ちたいと思う方も多いと思います。確か…
  3. テニスの一般の草トー等の試合で、トスがめちゃくちゃ高い人や極端に低いクイックサーブのような打ち方をす…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP