テニスのボレー上達法!壁打ちでのネットプレー練習方法

テニスの練習メニューでラリーが続かないボレー対ストローク。ボレーが当たり損ねてドロップボレーの様になってしまったり、コントロールできずに相手のいる所の返せなかったりすると思います。そのため、一人で出来るボレーの練習方法を知りたいという方が多くいます!

 

今回は、テニスのボレーの上達法として、壁打ちでのネットプレーの練習方法を紹介します!練習やダブルスでペアに迷惑をかけないように、試合のネットプレーでポイントをとるためにボレーは最も重要です。

 

あなたは、ボレーの練習に時間をかけていますか?意識せずにテニスをすると得意なショットばかりを打ってしまい、なかなか打てないショットのレベルが上がりませんよ!

テニスの上達法!ボレーの壁打ちでの練習方法

壁打ち場は大きな運動公園やテニススクールなどに併設されています。壁打ちやオートテニスでの練習は意識することさえはっきりしていれば永遠に返ってくるため、かなり効率的に反復練習をすることが出来ます。

 

壁打ちでストロークを打つ練習をしたことがある人は多いと思いますが、ボレーを練習している人は少ないと思います!

 

そこで、これから具体的にボレーの壁打ちでの練習方法を紹介します。

関連記事:ボレーの基本の打ち方とコツ

ボレーの壁打ちでの練習方法とコツ

ボレーを壁打ちで練習する方法として2つのメニューを紹介します。

 

1つ目は、壁から2m程のところに立って永遠にラケットの真ん中に当てる練習をすることです。距離はラケットの真ん中にボールが当たれば自分のところにボールが届く距離でいいです。

 

この練習方法は、壁に当たって返ってくるボールの軌道の真後ろにラケットを出す感覚をつかむことが出来ます。なかなかボレーが真ん中に当たらない方におすすめの練習法です!

 

コツは、打ったボールが壁の自分の正面に来るようにコントロールして打つことです。そうするとフォアボレーとバックボレーを交互に打てるだけでなく、毎回同じところにボールをコントロールする練習になります。放物線を描いて飛んでくるボールの真後ろにラケットをセットして同じ軌道で壁に返すようにしましょう!

 

2つ目はサービスラインやや後ろから強めに球出しをして、その返ってきたボールをボレーする練習方法です。

 

この練習方法は、ネットプレーに必要なリズムやフットワーク、流れの感覚をつかむために効果的です。ネットプレーで足が止まってしまいリズム感がない人や、流れるようなネットプレーが出来ない方にはおすすめです。

 

コツは、スプリットステップ・テイクバック(準備)・踏み込む、というリズムを感じながら打つことと打ち終わった後も自然に歩くように動くことです!球出しをして壁にボールが当たったときにスプリットステップ、すぐに股関節をターンさせて横向きになりラケットを打点の高さに合わせる、ボールの(打ちたい方向の)真後ろを踏み込むと同時に打つという動きをリズムよく行うことが重要です。

 

また、打ち終わってからも止まらずに次のポジションをとるイメージで歩き抜けるといいです!ネットプレーの流れの中の1打というイメージを持ってボレーも練習しましょう♪

テニスの上達法!ボレーの壁打ちでの練習方法まとめ

このように壁打ちを上手に使えば、1人でボレーを練習することが出来ます。球出しの角度を工夫すればハイボレーやローボレーも練習できます。ラリーなどの対人練習では球数が足りない、集中して同じショットを練習したいという方は一度お試し下さい。

 

さて、あなたはボレーを苦手なまま放置していませんか?ちょっとした空き時間に気分転換がてら壁打ちをしてみるといいと思いますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブで一番難易度が高いとされているスピンサーブやキックサーブ。しかし、本当はそんなに特別な…
  2. テニスのサーブでトスの高さについて質問されることが多々あります。確かに試合を見ていると、トスが異常に…
  3. テニスで最もシンプルで簡単なショットは、ボレーでしょう!面の向きがあっていればコースを打ち分けること…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP