テニスの上達法!知っておくべきボレーの打ち方の基本

テニスの中で、一番簡単なショットはボレーです。ボレーはラケットの面の向きをコントロールして真ん中にボールを当てることが出来れば常にミスなく返すことが出来ます。しかし、ボレーが苦手な人は多く、ダブルスの前衛やシングルスのネットプレーを好まない傾向にあります。

 

今回はテニスの上達法として、知っておくべきボレーの打ち方の基本について紹介します!意外と上級者も見落としがちな基本中の基本です。

 

あなたは、ボレーが苦手だと思い込んでいませんか?でもシンプルに考えてみてください!どう考えたってストロークの方が、動いているボールに動いているラケットを当てて打っているわけですから難しいのです。ボレーは動いているボールにほぼ止まっているラケットを当てれば良いわけです。どれだけ簡単なショットかはわかりますよね?

テニスのボレーの上達法!打ち方の基本とコツ

ボレーはセンスがある人が上手くて、センスがない人が下手という間違った考えが成されています。確かに、多少の上手下手はもともともって生まれたタッチセンスによって変わってきますが、基本的に必要なボレーは誰でも同じレベルで打てるようになるのです!

 

もしあなたが今ボレーが打てないと思っているなら、絶対にこれから上げる打ち方の基本の中で抜けている部分があるはずです!ラケットを片手に確認しながら読み進めてくださいね♪

Dimitrov

ボレーの打ち方の基本とコツ!

さて、ボレーの打ち方の基本とコツは「股関節を曲げてかかとを挙げて構える」、「打点の面を股関節のターンで体の斜め前側に作る」、「打点と同時に足を踏み込む」、「スプリットステップ、準備、打点とリズム良くボールを打つ」という4つです。

 

1つ目は、構え方について。股関節を曲げてかかとを挙げてしっかりと構えましょう。膝だけが曲がっていたり、腰が曲がっていたりしてはいけません!股関節に体重を乗せてバランスを整えていつでも動き出せるようにしましょう。

 

2つ目は、テイクバックについて。ボレーでは身体を横に向けて準備するという指導が多くされていますが、実際間違った打ち方になってしまう生徒さんが増えています。構えた状態から股関節をターンして上体が横向きになって下半身は軽く前を向いているように意識しておくべきです!この時にラケットはボールの弾道の真後ろになるように高さを変えて身体の斜め前にセットしましょう。

 

3つ目は、打点について。打点はラケットを準備した位置からほどんど動かさずに、足を踏み込むのと同時にとるようにします。この時に、セットした高さから下に切るように振ったり、ラケットの面が崩れたりしてしまうと狙ったところにボールが飛ばなくなります!

 

4つ目は、リズムについて。今まで紹介した3つのコツを流れるようにリズムよく続けるのがボレーのコツです!大体の人は2でボレーの動きが止まってしまったり、3で踏み込みと同時に足が止まってしまって次のボレーに流れ良く動けなかったりしています。変なリズムを撮らずに流れるように動きましょう。

 

自分がラケットを動かしていないつもりや良いリズムで動けているつもりでも、実際は出来ていないことがほとんどなので、誰かに見てもらうかビデオを撮るといいでしょう!

 

テニスの上達法!ボレーの基本とコツまとめ

このように、ボレーはいかにシンプルで簡単にボールとラケットをぶつけるかが大切です!このシンプルに当てるという動作が出来ないなんて人はいません。もしストロークでラケットにボールが当たっているならなおさらです!

 

気を付けるべき4つのポイントを忘れずに、反復して時には周りの人に出来ているか確かめてみてもらってください。自分の感覚と実際に起こっている動きが違ったりしますからね!

 

あなたのボレーに足りないものはなんでしたか?ボレーはプロの様に打てる唯一のショットですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでレシーブが上手い選手と言えば、錦織やマレーやジョコビッチが挙げられるでしょう。この3選手は決…
  2. テニスのサーブの中でキレは重要な要素です!同じスピードのサーブでも、回転量や方向によっては返しやすい…
  3. テニスのサーブで一番難易度が高いとされているスピンサーブやキックサーブ。しかし、本当はそんなに特別な…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP