テニスのシングルスの戦術!サーブの配球のコツ

テニスの試合の中で、シングルス・ダブルス問わず大切なのが、サービスゲームのキープです。サービスキープにはサーブの配球を考えながら、相手の読みを外して様々なコースに回転の種類を変えながら打つことが大切です。

 

今回はシングルスの試合に勝つ方法として、サービスゲームのサーブの配球を戦術的に考えてみましょう!ポイントによってもサーブの打ち分けは変わってきますので、細かく紹介します。

 

サーブの配球の基本の考え方やコツがわかれば、常に余裕をもってキープが出来るようになりますよ♪

テニスのシングルスの試合に勝つ方法!サーブの配球でキープを簡単に

さて、あなたは普段どのようなことを考えてサーブを打ち分けていますか?レベルによっては入れるだけでも精いっぱいという人もいるかもしれません!そういう場合はまずは配球よりも正確にコースと球種を打ち分けられるようにサーブの練習をしてくださいね。

 

プロの世界でサービスエースやサーブでほとんどポイントが終わってしまうのは決してビッグサーバーだけではありません!たとえば、フェデラーはビッグサーバーではありませんが、サービスエースやサービスポイントを多く取り、ブレークされることがほとんどありません。

 

では、どんなサーブの配球をすることがキープを簡単にするのでしょうか?

サーブの能力は配球によって何倍も上がる!

サーブの能力は配球によって何倍も上がる!

シングルスでのサーブの配球の戦術的思考法

シングルスの試合で勝つためには、サーブの配球を戦術的に考える必要があります。もちろん、スピードが速かったり大きく変化するサーブを持っている場合はただ打つだけでも良いでしょうが、レベルの高い相手とやるとただ打ち込むだけではポイントをくれません。むしろ読まれて相手にチャンスを取られてしまうかもしれません。

 

基本的な考え方としては、ファーストサーブをワイドに打つ場合は相手をコートの外に追い出してオープンコートを作るため、ボディに打つ場合は相手を攪乱させ動きを止めてチャンスを作るため、センターに打つ場合はエースを取るために打ちます。

 

まず、ワイドにファーストサーブを打つには日本人の伸長であればほとんどの場合スライスサーブやスピンサーブでなくてはコートに入りません。そのためスピードが落ちるのでエースをとることは基本的には難しいです。ですので、相手をコートの外に追い出してオープンコートを作り2球目で仕留めたいときに使うといいでしょう!

 

ボディーにファーストサーブを打つ際は、速いサーブを使うことが多く、リターンの上手い相手の身体の正面に打つことで動きを止め、次からのリターンでステップインしにくいようにする効果があります。ですので、相手がステップインしてリターンを打ってくる時に使うと良いでしょう。

 

センターにファーストサーブを打つ際は、最短距離かつネットが一番低い場所を通せばいいので速いサーブを使ってエースを取りに行きます!しかしとられると相手はコートの真ん中からスタートできるのでラリー戦になることが多いのでコースとスピードには注意が必要です。

 

また、ここにゲームやポイントの条件を付けくわえて考えてみたいと思います!競っているゲームの大切なポイントはどこにサーブを配給するのかという問題です。明らかに苦手なリターンがある場合はそちらを確率良いサーブで狙うのも良いでしょう。しかし、そんな相手ならサービスゲームで競らないはずです。

 

私は競った場面では、相手の一発がない方にサーブを配球していました。例えば、相手がリターンが上手く攻撃的にリターンしてくる相手ならボディに、フォアハンドストロークは安定感があって、バックハンドストロークにはミスもあるけどエースを取れる一発があるなら、私は迷わずフォア側にサーブを打ちます。なぜなら、大事なポイントどうしても取らなきゃいけないなら、取れない球が返ってくる可能性のある方に打ってしまったら手が付けられない可能性があるからです。

 

つまり、このようなポイントによるサーブの配球の考え方と先に挙げた物理的な配球の考え方をミックスして自分だけの配球方法を考えるべきなのです!

テニスのシングルスの試合でのサーブの配球の戦術的思考法まとめ

戦術や配球というのは試合の流れの中で大きく変わってきます!最初に想定していたものを試合中にガラっと変えないといけないことも多くあります。

 

つまり、自分の試合を客観的に見ながら、戦うことが重要です。ずっと主観的にプレーをしているプレーヤーはとてもやりやすく、1度ハメてしまえば後はずっと崩れていくのを待つだけでいいですからね!

 

あなたも試合でのサーブの配球についてもう一度考えてみましょう!もっとあなたの能力を生かせる戦い方が見つかるはずですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの試合ではリターンゲームの出来が試合の勝ち負けにつながります!なぜならサービスゲームをキープし…
  2. テニスのサーブの中でも、スピンサーブは特別視されて練習方法も多くあります。またジュニア選手がスピンサ…
  3. テニスでレシーブが上手い選手と言えば、錦織やマレーやジョコビッチが挙げられるでしょう。この3選手は決…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP