テニスのシングルスの戦術!ボレーのコースの選び方のコツ

テニスのシングルスの戦術の中でも最近ネットプレーは、点をとるかとられるかのリスクあるプレーになって来ました。ストロークでのパッシングやフットワークのレベルが上がり、ボレーやスマッシュでエースやポイントが取れなくなったからです。

 

今回はテニスのシングルスのネットプレーの上達法として、ボレーのコースの選び方とコツについて紹介します!

 

さて、あなたはネットプレーは反射神経やセンスの問題だと思っていませんか?実は、大胆で迫力のあるネットプレーの裏には緻密な計算によるボレーやスマッシュの配球があったのです…

テニスのネットプレーの戦術!シングルスでのボレーを打つ場所について

最近は、フェデラーがネットプレーをシングルスでも数多く使うようになり、安定したストローカーを打ち破ることも多くなってきました。また、若い選手もトップ10の安定した選手に勝つためにサーブ&ボレー等のネットプレーを使うようになってきました!

 

これは、テニスの進化の歴史から見ても全うなことで、ストローカーを破るのはネットプレーヤーで、ネットプレーヤーを破るのはストローカーでというのを繰り返してテニスの歴史は進んできました。

 

つまり、これからの時代はまたネットプレーの重要性が高まる可能性があるということです!全盛期のフェデラーのようなオールラウンドのテニスは年を取ってからも続けられるような代物ではありませんしね…。では、シングルスでのネットプレーにおける戦術的なボレーを打つ場所について考えていきましょう。
IMG_1004

シングルスのネットプレーでボレーを打つべきコースと場所とは?

シングルスのネットプレーにおいてボレーを打つべきコースは自分のアプローチショットやサーブによって相手がどのような状態になっているか、自分がどこからボレーを打てるのかに依存します。

 

そのため、ここですべてのパターンについて書くのは不可能です。なので、典型的なボレーを打つ場所のパターンについて紹介します。

 

まず、あなたがローボレーもしくはサービスライン上くらいでミドルボレーを打つときについて。この際はボレーは深いストレートに低く打ちます。なぜなら、ボールをネットより下から打っていたり、遠いところから打っていたりする場合はオフェンス寄りのニュートラルの状態だからです。

 

ニュートラルな状態なので、無理にエースをねらいに行っても甘くなったり、ミスになったりします。そのため、次のボレーやスマッシュで自分が決めやすいように準備しやすいボールをコントロールすることが重要なのです。ストレートに打つことで次のポジショニングがほぼ動かないで済み、さらに深く低く打つことで相手にボールをすくい上げさせて浮かせることが出来ます。

 

次に、あなたがハイボレーもしくはネットの近くでミドルボレーを打つときについて。この際は短くクロスに角度を付けて叩きます。なぜなら、ネットより高かったり、ネットに近いところでボールを打つ場合は角度が付きやすく、エースを取ることが出来るからです。

 

このボールをストレートに打ってしまうと相手が走る距離が短くなってしまうので拾われてしまう可能性が高くなります。またクロスでも深いところに打ったら相手の走る距離は短くなり、叩かないで柔らかく短く落とそうとしても高いところから落としたボールは弾んでしまうので相手に取られてしまうのです。プロがチャンスボレーやスマッシュを観客席に叩き込むのは相手にとられないためですからね♪

テニスのシングルスのネットプレーでのボレーの打つコースまとめ

このように、ラリーの状況が相手や自分にとってどうなのかを客観的に見たり、テニスコートを大きく使った意味のある配球をしたりするのがネットプレーには必要なのです!ただ反応して返すだけやオープンコートがあるから打つだけではだめなのです。

 

また、ネットプレーでは考えている暇はないので、どこにパッシングが来たらどこに打つかというのを頭や体に覚えさせておくことが重要です!咄嗟の時に正しい判断が出来るように練習をしておきましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. 「現代のテニスにおいて片手バックハンドは時代遅れだ」、「非力な日本人が片手バックハンドストロークの打…
  2. テニスで大事なのはどのショットをいつ、どこからどこに打つかです。それはサーブのリターンでも同様で、フ…
  3. テニスのバックハンドの練習メニューというと、ラリー練習を思い浮かべるかもしれません!しかし、ラリー練…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP