テニスのスマッシュ上達法!打点は左手を目印に!

テニスのスマッシュで一番苦労するのが、ボールの落下点に入って正しい打点でボールを捉えることです。打点に入れないとスマッシュのスイングスピードを落として面に当てに行ってしまい、速度が落ち、相手にパッシングを打つチャンスを与えてしまいます!

 

今回はテニスのスマッシュの上達法として、打点を左手を目印に探してバランス良く打つ方法を紹介します。

 

あなたはスマッシュを空振りしたり、フレームで打ったりした経験はありますか?この方法とコツさえ知ってしまえばボールの落下点がわからないとかスマッシュの打点がわからないなんてことはなくなりますよ!

テニスの上達法!スマッシュの打点を左手を目印に見つける方法

プロや身の回りの上手い人のスマッシュを見ているといとも簡単にボールの落下点を見つけて、打点で完璧にボールを捉えて慌てることなくコースに打ち込んでいますよね!

 

もちろんプロのレベルになれば、どんなショットも感覚的にラケットの真ん中で上手く打つことが出来るのですが、なかなかボールの落下点を感覚的につかむのは難しいですよね!

 

深いロブかと思ったら浅かったとか、風が吹いていてどこにボールが来るかわからないとかもあるので確かに打点でボールを完璧にとらえるのは難しいのかもしれません。しかし、意識の持ち方を一つ変えるだけでバタバタと焦ることなくボールの落下点にスッと入ることが出来るようになるのです!
Nadal ready to smash

相手のロブを常に挙げた左手でキャッチするつもりで動く!

あなたは、スマッシュの時ロブが上がった瞬間にスマッシュの準備をすると思いますが、左手はなんのために上げていますか?

 

この左手、実はスマッシュにおいてかなり重要な役割を果たしているのです!

 

ボールの落下点やスマッシュの打点がわからない人は、まず自分の目線で左手より後ろにボールが一度も行かないように動いてください。常にそれを意識して動いていれば打点がわからないなんてことはなくなります。いくら風が吹いていても上げている左手でキャッチできるように動き続ければいいのです!そこでもう少しでキャッチできるというタイミングでラケットを振れば見事にラケットの真ん中でスマッシュを打てるようになります。

 

これを意識すると打点が安定するだけでなく、左手で体の壁を作れるのでスイングが非常に安定するようになります!左手はスマッシュにおいて大変重要な役割を果たすのです。

テニスのスマッシュ上達法まとめ

このように、スマッシュにおいて左手は打点の印になるように使うのです!ただ挙げておくだけではなくキャッチするつもりで動くことが重要なのです。また、この意識をしておくと太陽の光がまぶしい時も左手で太陽を隠しながらボールを打つことが出来るので試してみてください。

 

ネットプレーにおいてフィニッシュのショットであるスマッシュをミスすると流れが相手に行きかねませんので、しっかりと打点でボールを捉えて相手の取れないところに叩き込みましょう♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. プロテニスでも最近は両手バックハンドが主流になってきました!片手よりも関節の自由度が減り、スイングが…
  2. テニスにおいてスピンサーブを打ちたい、練習方法や打ち方、コツを知りたいという方は多くいると思います。…
  3. プロテニスの世界でも最近はシングルスのネットプレーを見る回数は減りました。しかし、安定したストローク…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP