テニスのダブルスの戦術!ツーバックでミスをさせる方法

テニスのダブルスでは、ミスをさせるプレーが出来ることが重要です!試合に勝つ方法として一番理にかなっています。ダブルスのレベルは2人のネットプレー、サーブ、リターンのレベルによって決まります。後はそれらをいかに戦術的に試合で使うかです。

 

今回は、テニスのダブルスの試合に勝つ方法として、ツーバックでミスをさせる戦術について紹介します。

 

ん?最初にダブルスのレベルはネットプレーとサーブ、リターンで決まると言ったのにツーバック?と思った方、良い質問です!一見上手そうに見えるダブルスも実はこちらの技術がなくてもツーバックでミスをさせることが出来るんです…

テニスのダブルスの試合で勝つ方法!ツーバックを戦術的に使う

ダブルスでは、サービス&ボレーやリターンダッシュを使い2人がネットプレーをする平行陣を中心に、1人前1人後ろの雁行陣、2人後ろのツーバックの陣形があります。

 

洗練されたダブルス程、ネットに2人で張りついて相手にプレッシャをかけながらボレーでじわじわと相手を追い込んでいきます。なぜなら、ボレー対ストロークであればほとんどの確率でボレー側がポイントを取れるからです。

 

しかし、そんなボレーが上手くて、そこまでにたどり着くためのサーブやリターンも上手い相手にも弱点があることがあります。そこを突くためにツーバックを戦術的に使うと試合の流れがガラっと変わるのです!では、そんなツーバックの使い方とはどのようなものなのでしょうか?

Baghdatis and Wawrinka play doubles at LM-110

ダブルスの試合でツーバックを使う効果的な戦術

さて、最初に上げたダブルスのレベルを決めるネットプレーとサーブとリターンがそろったようなペアに対しても効果のあるツーバックを使った効果的な戦術について考えていきます。

 

確かに、そんな上手い相手と試合中に当たったらパニックになりますよね?でも、そんなときほど冷静になってください。実際に点が相手に入っている原因はあなたたちのミスがほとんどなはずです!

 

相手のサーブが良いからリターンが相手のコートに入らない、前衛のポーチが上手いから厳しいところに打ってミスをする、リターンが上手いからセカンドサーブも無理をしてダブルフォルトする。なんてことが実際連続して起きてしまうのです。気づいたら何の良いところもなく試合が終わっていたなんてこともあったり…。

 

そんなときは、試合の1ポイントを長くして相手にいつもより1球多く打たせることを意識してください!

 

そのためにはツーバックが一番適した陣形なのです。相手のサーブが返せない程良いならポジションを後ろにしてロブでも良いから返しましょう。ペアも後ろにいるので次の球も拾えるでしょう!これだけでも点を取られた時より2球も多く返せています。このようにとにかく相手に球数を打たせることで流れはじりじりと傾いてくるのです。

 

また、ネットプレーが上手いペアは出来るだけネットから遠ざけてしまえば怖くないので、2人でツーバックの位置からずっとロブを上げ続けるのも面白い作戦です。これは実はかなり効果的なダブルスの戦術です。

ダブルスのツーバックを使った戦術まとめ

このように、確かにダブルスが上手いのはネットプレーとサーブとリターンが出来る人です。しかし、それを破るためにはツーバックでロブを上げ続けたり、ボールを返し続けたりして相手にいつもとは違うことをさせる芸はないけど強いプレーが必要です!

 

そもそもテニスの本質は相手よりもコートに返すことです。これはシングルスでもダブルスでも揺るがないことです。

 

ダブルスで2人で後ろに並べば、よほどのことがない限りエースもとられませんし、最悪ロブで相手のコートに返すことはできますよね?特に上が弱いことの多い女ダブではオススメの作戦ですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスで両手打ちバックハンドを習う際に、腰の回転で打つようにアドバイスされることが多いと思います!し…
  2. コンチネンタルグリップで握ると初心者はまずスライスサーブから練習することが多いでしょう。ボールをこす…
  3. テニスで最もシンプルで簡単なショットは、ボレーでしょう!面の向きがあっていればコースを打ち分けること…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP