テニスのシングルスの戦術!相手の体力を奪う攻撃パターン

テニスのシングルスの最高の戦術は、相手を動かしているのに自分は動いていない状態を作ることです。その攻撃パターンを続ければ相手は体力を失い、さらにミスを犯しやすい状態になります。しかし、毎回コースを変えると一歩間違えるとリスクの高い選択にもなります。

 

今回はテニスのシングルスの試合に勝つ戦術として、体力を奪う攻撃パターンを紹介します!

 

そんな技術自分にはないから…と思っているあなたも実際にやってみれば意外と簡単なことに気づくはずです!シングルスで大切なのは、いかに相手に攻めさせないでプレーをするかなのです。プロの様に相手を振り回すコツを見ていきましょう♪

テニスの戦術!シングルスで体力を奪う攻撃パターン

あなたは相手を振り回そうとするとサイドアウトやネット等ミスを自分が犯すのではないかと不安になりませんか?

 

相手を振り切るために、タイミングや打点を急ぎ過ぎて引っかかり、サイドアウトしてしまうことは多々あるでしょう!自分が攻撃しているのですから焦ってはいけません。手数をかけて十分に注意深く攻める必要があるのです。

 

では、相手を左右前後に振り回して体力を奪う攻撃パターンや戦術の考え方を具体的に紹介しましょう♪

シングルスで相手の体力を奪う攻撃パターンと戦術

あなたが相手を振り回すチャンスのきっかけは3つほどあります。サーブからの展開、相手のボールが浅くなった展開、相手のセカンドサーブからの展開の3つです。

 

まず、サーブからの展開について。試合で最初に攻撃の主導権を握るチャンスはサーブにあります。サーブをワイドに打って相手をコートの外に十分に追い出してからオープンコートに打つのです。このオープンコートに打つとき、リターンがサービスラインの中に落ちるくらい浅い球の時はどこに打っても決まるので問題ないのですが、上手くコートの真ん中の深めに返ってきたときは注意深くコントロール重視でオープンコートの真ん中をめがけて安全なボールで相手を動かすようにしましょう。

 

そうすれば、自分がリスクを負わずに1球目から相手を10m近く走らせることが出来ます。大抵の場合は上手くサーブでオープンコートを作ると相手のリターンの良し悪しにかかわらずボールを厳しいところに狙いがちですが、相手を走らせるという目的を忘れずに打てればリスクを負わないで展開することが出来るのです。

 

次は、相手のボールが浅い時の展開について。1つ目に紹介したように相手を効果的に動かせた後やクロスのラリーで自分が相手をコートの外や後ろに追い出せたときに、相手の返球が浅くなることが予測できますよね。その時にポジションを前にして、早いタイミングでオープンコートに打てばボール自体は速くなくても相手を動かすことが出来ます!

 

相手を走らせたり、コートの外に追い出したりしたら自分のポジションをコートの内側にとることが大切なのです。もしコートの後ろから相手を動かそうとしたら、ボールのスピードを上げなくてはいけませんし、角度をつけにくいところからつけなくてはいけなくなるのでリスクが高いのです。

 

最後に、相手がセカンドサーブの時の展開について。これは、相手がサーブ後に準備をする前にリターンから展開する攻撃パターンです。特にセカンドサーブの時に甘いサーブが来たらコートの内側に思いっきり踏み込んで、オープンコートに早いタイミングでボールを打ち込みましょう!これは良く錦織やジョコビッチ、フェデラーなどリターンの上手い選手が行う攻撃パターンです。

 

相手はサーブを打って構える前にボールが来るので慌てて走り出さなく手はいけないので、そのリターンを拾われたとしてもまた相手をオープンコートへとはしらせることが出来ます!

 

この試合はストローカー同士の攻撃の駆け引きが一番面白い試合ですね!相手の動かし方を参考にしてください。

テニスのシングルスの試合に勝つ方法・戦術まとめ

このように、自分のリスクを極限まで減らして相手を振り回すという意識が大切なのです。オープンコートを確実に作り出すサーブやラリーの展開、出来るだけネットから近い高い打点でボールを取って相手から時間を奪う展開など、一つ一つのショットにどんな意味を持たせているかがシングルスの戦術を考える上ではとても大切です。

 

攻撃のパターン=相手から時間を奪うパターンなわけですから、出来るだけ振り回して相手に完璧なショットを打つ準備の時間を与えずにプレーをすることが大切なのです。

 

また、攻撃をしていると過剰にぎりぎりなところを狙ったり、速いボールを打ったりと判断のミスを犯してしまうこともあるのでそこは冷静な頭脳で自分のミスの原因をはっきりとさせるようにしましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブの中でもスピンサーブは上級者が打つサーブという認識が強いです。しかし、本当は誰でも打て…
  2. テニスのサーブで相手をコートの外に追い出すために便利なスライスサーブはサーブの中で一番最初に練習する…
  3. 「現代のテニスにおいて片手バックハンドは時代遅れだ」、「非力な日本人が片手バックハンドストロークの打…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP